姫路市書写の里・美術工芸館 『アートになった猫たち展 今も昔もねこが好き-近現代アートから浮世絵まで-』

歌川芳藤 子猫あつまって大猫となる
弘化4~嘉永元年 錦絵大判 個人蔵

兵庫県姫路市にある姫路市書写の里・美術工芸館で開催中の

『アートになった猫たち展 今も昔もねこが好き-近現代アートから浮世絵まで-』。

稲垣知雄 子猫
昭和時代 木版画 個人蔵

特別展では、近現代絵画やパロディ作品、現代陶芸をはじめ江戸時代の浮世絵までを、

猫を愛した画家として知られる竹久夢二や藤田嗣治、

江戸時代の猫ブームで大人気を博した歌川国芳やその門下などの作品が紹介されています。

メキシコの飾り猫
陶器 個人蔵

会期は3月4日(日)まで。期間中は展示解説や講演会、ミニコンサートなどが開催予定です。

詳しくは、ホームページ http://www.city.himeji.hyogo.jp/kougei/ をご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.