【いとしのエンタメ】映画『ウィスキーと2人の花嫁』

今週の「いとしのエンタメ」はイギリス映画『ウィスキーと2人の花嫁』をご紹介しました。

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

舞台はスコットランドのトディー島(架空の島)。住民たちは大のウィスキー好き。
第二次世界大戦のさなか、ウィスキーの配給が止まってしまい、島民たちはガックリ来ている。
そんな時、トディー島のすぐ目の前で濃霧のため貨物船が座礁して沈没寸前。
乗組員を救助するために島民は手漕ぎのボートで船に向かう。
そこで耳にした魅力的なニュース!
なんと、船の中にはニューヨークに輸出されるはずのウィスキーが5万ケース積まれている!
これはきっと神様からのプレゼントだと島民たちは大喜び。
みすみす海の底に沈ませてはなるものかと、救助が終わった後に再び座礁船に向かい・・・

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

原作本は1947年に出版。タイトルは「Whisky Galore(たっぷりのウイスキー)」

1941年、実際に起きたSSポリティシャン号の海難事故をモデルに書き下ろした作品で、1949年に映画化されたもののリメイク。
スコットランドといえば、タータンチェック、バグパイプ、そしてスコッチ・ウィスキーですね。
ウィスキーに目の色を変える島民たちが、とってもチャーミングです。
堅物の軍人の目を盗んで、一致団結してウィスキーを手に入れようとたくらみます。
そして、島の郵便局長の二人の娘たちの婚約騒ぎがあったり、元イギリス国王の「王冠を賭けた恋」のエピソードがあったり。
あくどい人が人がいるわけでもなく、「あはは~」と笑いながら気軽に楽しめる映画。
戦時中という背景でありますが、そんな中でもちゃっかりお上の目を盗んで、欲望を満たそうとする人間のたくましさがほほえましい作品です。

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

原作 コンプトン・マッケンジー「Whisky Galore(たっぷりのウイスキー)」
監督 ギリーズ・マッキノン
出演 グレゴール・フィッシャー ナオミ・パトリック エリー・ケンドリック
ショーン・ビガースタッフ ケビン・ガスリー エディ・イザード
2016年 イギリス 98分 配給:シンカ
2月17日(土)から、 テアトル梅田 シネ・リーブル神戸 で公開されます。
http://www.synca.jp/whisky/

~サウンドブランチ 鳥飼美紀~

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.