【やまよもやまばなし】佐藤さん「小塩山、ポンポン山ハイク」

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当の藤元愛です。
今日の「やまよもやまばなし」は佐藤さんにお越しいただき「小塩山(おしおやま)、ポンポン山ハイク」についてご紹介いただきました。

北摂地域にお住まいの方にとってはなじみ深い「ポンポン山」
京都と大阪の県境にある標高678.7mの山です。
頂上付近を歩くと「ポンポン」と音がするから名付けられたといった説があるそうですが、残念ながら音は鳴らないそう(笑)。
わかりやすく登りやすい「ポンポン山」は初心者やファミリーにオススメのコース。

そしてもう一つの「小塩山」はカタクリの花の自生地として有名だそう。
京都の西山に位置し、ポンポン山にも歩いて行くことができます。
標高は642m。3つの谷があり、その谷にカタクリが自生しています。
地元のボランティアの方々が1999年から環境を守っていらっしゃるそうで、見事なカタクリの群生を見ることができます。

ただし、カタクリは気温13度以上の晴れの日でないと花が開きません。
また、カタクリと共生しているギフチョウも15度以上にならないと飛ばないとのことですから
しっかり気温と天気をチェックしてお出かけくださいね。
見ごろは例年4月10日~20日頃だそうです。

今日ご紹介いただいた「小塩山」と「ポンポン山」2つを続けて登ることもできますし(コースタイムは約6時間)、一山ずつ登ってもOK!
二山続けて歩いて距離が13.1km。高低差は580mですが、二山登られたので標高の累計は1298mだったそうです。

三田からJR京都線向日町駅、そこから阪急バスで終点の南春日町まで、となりますので2時間弱かかります。
両山登られる方は時間に余裕を持ってお出かけくださいね。

詳しくは佐藤さんのブログをご覧くださいね!→ http://dota3eien.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-d200.html

下記から今日の放送を聴くことができます。
ぜひ写真と放送の両方でお楽しみくださいね!

やまよもやまばなし5月15日(火)前半

やまよもやまばなし5月15日(火)後半

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.