【いとしのエンタメ】 映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

今週は「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」をご紹介しました。

(C) 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿され話題になった、妻の「奇行」についての質問をもとにしたラブコメディです。
夫のじゅんと妻のちえ。じゅんはバツイチ。じゅんの離婚は、結婚3年目の時だった。
そのため、ふたりは結婚後3年経ったら、これからも夫婦としてやっていく気持ちがあるか確認しようと約束。
結婚3年経ったある日、じゅんが仕事から帰ると、妻のちえが血を流して倒れていた!
じゅんは慌てて介抱するが、血はケチャップで、ちえは死んだふりをしていただけだった。
妻のちえはその理由は言わず、ただ笑うだけ。
それ以来、ワニに食われる、銃で撃たれるなど、毎日のように死んだふりをする妻に、じゅんは呆れながらも徐々に不安を覚えるようになる。
妻は何故そんなことをするのか・・・?

(C) 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

じゅん役は、最近めきめき活躍が目立ってきた安田顕さん。
大泉洋さんなどが所属する演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーですね。
顔つきが個性的なので、脇役でも存在感は抜群ですが、この作品では普通のサラリーマン役です。
でも、それもまた違和感はなく、優しく冷静な夫を演じています。
それにしても、毎日死んだふりする妻に付き合ってのリアクションは、他人事ながらしんどい!
夫のじゅんさんがいつ爆発するのかヒヤヒヤしますが、じゅんさんは一生懸命妻の心 のうちを探ります。

『妻は、本当は何が言いたいのか……。』

そんなじゅんさんも、毎日死んだふりしてふざけているように思えるちえさんも、「結婚」というものに誠実に結向き合っていることが伝わってくる、ほのぼの映画です。
バラエティ豊かな「死んだふり」も楽しんでいただきたいと思います。

(C) 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

監督:李 闘士男
脚本:坪田文
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky、漫画:ichida/PHP研究所刊)
出演:榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花 螢雪次朗
2018年 日本 115分 配給:KADOKAWA
6月8日(金)から、梅田ブルク7 109シネマズHAT神戸で公開されます。
http://tsumafuri.jp/

~サウンドブランチ 鳥飼美紀~

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.