• HOME
  • ブログ
  • リスナープレゼント
  • 【プレゼント】中之島 香雪美術館「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~Ⅲ茶の道にみちびかれ」5組10名様ご招待!!

【プレゼント】中之島 香雪美術館「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~Ⅲ茶の道にみちびかれ」5組10名様ご招待!!

応募の受け付けは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

当選者発表

ハニーネーム じゅんさん(三田市)
ハニーネーム すみれさん(三田市)
ハニーネーム たかこさん(篠山市)
ハニーネーム まりまりさん(神戸市北区)
ハニーネーム ハウスぬる燗さん(三田市)

以上の皆様、おめでとうございます!

今年3月21日に大阪・中之島の超高層ビル「中之島フェスティバルタワー・ウェスト」の4Fにオープンした中之島 香雪美術館。

尾形乾山 色絵立葵文透鉢

中之島 香雪美術館は朝日新聞の創業者である村山龍平(1850-1933)の収集した日本と東アジアの古い時代の美術品を収蔵しています。
神戸・御影には本館があり、開館45周年を記念して、中之島に2番目の美術館として開館、コレクションの更なる公開が進められています。

開館から1年間は、開館記念展「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」を開催!
村山龍平が収集した美術品の中から重要文化財をはじめとする選りすぐりの作品300点あまりを5期に分けてテーマ別に展示、コレクションの全貌を紹介するという壮大な展示です。

長次郎 黒楽茶碗 銘 古狐

今回は第3期となる「茶の道にみちびかれ」に5組10名様をご招待!

茶の湯が好きではなかったと語っていた村山ですが、その言葉とは裏腹に美術品の鑑賞から次第に茶の湯へ傾倒し、大阪を中心とした実業家18名が参加する茶の湯の会「十八会」の発起人に名を連ね、神戸・御影の自邸には茶室まで建てました。

村山が収集した茶道具の優品とともに、明治35年(1902年)に開いた第3回十八会、大正11年(1922年)に行われた壬戌光悦会と玄庵残茶会で使われた道具の組み合わせも紹介。

また、大正時代に刊行された名物茶道具カタログ「大正名器鑑」に収録された秘蔵の茶入と茶碗が一堂に展示されています。

都心のビルにありながら、「市中の山居」を目指した静謐で拡張高い新しい美術館の空間で、珠玉のコレクションをぜひお楽しみください。

桂籠花入

中之島香雪美術館
大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
TEL:06-6210-3766 WEB:http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/
開館時間:10時~17時(入館は30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日・臨時休館あり)
アクセス:地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅と直結、JR「大阪」駅桜橋口から徒歩11分

中之島香雪美術館開館記念展「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」
Ⅲ茶の道にみちびかれ 7月7日(土)~9月2日(日)

締切:7月13日(金)17時 当選発表:HONEYFMのホームページにて

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.