2016.09.16 on air

cozy

今晩は、「リリカルなピアニスト・・」で始まるデューク・ピアソンを取り上げます。
ブルー・ノートらしくない、まるで宣伝文句のようなジャケからして異色のアルバム「プロフィール4022」。そのリリカルなピアニスト、デューク・ピアソンの愛すべき作品から親しみやすいスタンダードや彼のオリジナルなどを味わいます。小さなジャズ喫茶店で密かに支持されたデューク・ピアソン。宣伝文句のようにリリカルなイントロやシングル・トーンが奏でるタッチは可憐で愛らしい。そして歌心に満ちている。ブロクックコードは、ほんの色付け、アクセントであるが“ブルージーな爽やかさ”というべき間を生かしたタッチはピアソンならではのもの。
ブルー・ノートのリーダー作やサイド面で活躍した50年~60年初めに掛けてのアルバムなどから、心に染み入る8曲をしっとりと味わいます。
1.Black Cofee / Duke Pearson / Profile 59年
2.A Portrait of Jennie / Donald Byrd / At the Half Note Cafe vol.1 60年
3.Say You’re Mine / Duke Pearson / Angel Eyes 61年
4.Angel Eyes / Duke Pearson / Angel Eyes 61年
5.Django / Grant Green / Idle Moments  63年
6.I’m A Fool To Want You / Peggy Lee / Mink Jazz 62、63年
7.I’m A Fool To Want You / Duke Pearson / Tender Feelin’s 59年
8.Funky Mama / Donald Byrd / Fuego 59年

9月9日放送

2016年9月23日放送

関連記事

  1. 2016.7.29JAZZBAR COZY

    今月は七夕にちなんで、星、夜がテーマになったジャズナンバーをお送りしてきました。今夜は月がテ…

  2. 2016年9月23日放送

    9月も4週目に入ると本格的な秋ももう少し。豊かで、つややかな歌声。ジミー・スコットのバラ…

  3. 10月14日放送 JAZZBAR COZY

    今晩の「Two Altos 53年」は、若きアート・ペッパーのリーダー作。代表作の一枚「サー…

  4. 2016.11.11 JAZZBAR COZY選曲リスト

    ダイナ・ワシントンといえば、先ずEMARCYのDinah Jams 5(ウィズ・クリフォード…

  5. 『JAZZBAR COZY』2月17日

    “ジョーダンは40年代にはチャーリー・パーカーのバンドで、そして50年代にはスタン・ゲッツの…

  6. 2016.07.1放送

    今月は“night”,“star”,“moon”に因んだジャズナンバーをセレクトしてお送りします。…

  7. 今月のJAZZBAR COZYはヴァイブラフォン特集。

    今月はヴァイブラフォン特集をお送りしています。今夜の放送が年内ラストとなります。“「…

  8. JAZZBAR COZY 選曲リスト 10/21放送

    今晩は、“幻のテナー・マン”ことジェームス・クレイとデヴィッド・ニューマンとのテナー・バトル…

最近の記事

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.