10月7日放送

cozy

今晩は、これまで過小評価されたトランペッター、ジョー・ワイルダーの作品「Wilder ‘n’ Wilder 56年」を主に味わいます。
彼にとっての初リーダー作、ハード・バッパーというよりはモダンなスインガーの小粋な作品である。
バックはサヴォイのハウス・リズム・セクションである、ハンク・ジョーンズ(p)、ウェンデル・マーシャル(b)、ケニー・クラーク(ds)が務めているからか、いつになくハードでスリリングなプレイを広げる。
美しい音色とメロディアスで流麗なフレージング。デリカシーに富んだ、常にスインギーな歌心を失わないワン・ホーンのプレイは格別の味わいである。
ワイルダーが奏でる燻銀のトーンは、更けゆく秋の夜長にピッタリ!今夜は心に染み入る出会いが待っているかな?

1.Cherokee / Joe Wilder / Wilder ‘n’ Wilder 56年
2.Prelude To A Kiss / Joe Wilder / Wilder ‘n’ Wilder 56年
3.Prelude To A Kiss / Rosemary Squires / Something To Remember Me By 65年
4.My Heart Stood Still / Joe Wilder / Wilder ‘n’ Wilder 56年
5.My Heart Stood Still / Chet Baker / It Could Happen To You 58年
6.Mad About the Boy / Joe Wilder / Wilder ‘n’ Wilder 56年
7.Darn That Dream / Joe Wilder / Wilder ‘n’ Wilder 56年
8.Darn That Dream / Pinky Winters / Pinky 54年
9.Six Bit Blues / Joe Wilder / Wilder ‘n’ Wilder 56年

次回もどうぞお楽しみに。

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.