11月4日JAZZBAR COZY

cozy

今晩のJazz Bar cozyは、稀有な才能を有する歌手フランキー・レインの最良の姿を捉えた貴重な1枚「Jazz Spectacular 55年」を味わいます。彼がC&Wだけではなく、ポップスからゴスペル、フォークと多彩な、中でもジャズのアルバムを数多く残すなど、最も力を注いだのがジャズという事を立証する掛け値なしのジャズ・アルバム。でもそのストレイトな唄いぶりには好みが別れそうだが、格調高いビッグバンドの様式を伝える今夜の盤は、まず演奏があり、次に歌があって、再び演奏といった古き良きフォー・マットゆえに、ヴォーカルだけではなく、バック・クレイトン(tp)を始めとする名手達「J&K(tb)、バド・ジョンソンン(ts)、サー・チャールス・トンプソン(p)、ジョー・ジョーンズ(ds)ほか」のソロやアンサンブルもタップリと味わえ、ジャズ黄金期の少し懐かしく豪華なジャズの雰囲気を十分に堪能することができるお薦めの一枚である。

1.S’posin’ / Frankie Laine & Buck Clayton Jazz Spectacular 55年
2.S’posin’ / Jo Stafford / Jo + Jazz 60年
3.Stars Fell On Alabama / Frankie Laine & Buck Clayton / Jazz Spectacular
4.Stars Fell On Alabama / Stan Getz / Stan Getz Plays 52年
5.Baby, Baby All The Time / Frankie Laine & Buck Clayton / Jazz Spectacular
6.Baby, Baby All The Time / June Christy & Stan Kenton / Duet 55年
7.You Can Depend On Me / Frankie Laine & Buck Clayton / Jazz Spectacular
8.You Can Depend On Me / Nat King Cole / After Midnight 56年
9.That Old Feeling / Frankie Laine & Buck Clayton / Jazz Spectacular
10.That Old Feeling / Mitzi Gaynor / Mitzi 58年
11.That Old Feeling / Stan Getz / Getz Meets Mulligan in Hi-Fi 57年

来週もどうぞお楽しみに。

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.