今夜のJAZZBAR COZY

ライヴ・アット・ヘイグ

“今晩は旬のバド・シャンクを味わいます。アート・ペッパーの陰に隠れたバド・シャンクの通好みの一枚、ロサンゼルスのジャズ・クラブ・ヘイグでのLive At The Haig 56年を。彼のアルトはクールで哀愁感漂う音色かと思っていたが、録音から80年代に入りやっと日の目を見たヘイグでのシャンクは、トーンは幾分細いが、ブローイングはとどまることを知らず疾走感に包まれる。そこに、クロード・ウィリアムソン(p)の律儀なスィング感と、ドスン~ドスン、ドン~ドンと煽るようなドラムスと、ズン~ズンと執拗に迫る骨太なベースの音が加わり、クラブ・ヘイグもこちらも次第にヒート・アップする。寒さ厳しいこの時こそ聴きたいホットな一枚である。そして縁起担ぎの歌「TAKING A CHANCE ON LOVE 恋のチャンス」の色々なヴァージョンも味わいます。”

2017.1.20
1.How About You / Bud Shank, Claude Williamson, Don Prell, Chuck Flores / Live At The Haig 56年
2.Lover Man / Bud Shank, Claude Williamson, Don Prell, Chuck Flores / Live At The Haig 56年
3.Taking A Chance On Love / Anita O’Day / Anita Sings The Most 56年
4.Taking A Chance On Love / Sonny Stitt / Sonny Stitt/Bud Powell/J.J.Johnson 50年
5.I Heard You Cried Last Night/ Bud Shank, Claude Williamson, Don Prell, Chuck Flores / Live At The Haig 56年
6.Taking A Chance On Love / Dinah Shore / Yes Indeed 59年
7.Taking A Chance On Love / Carol Sloane / Live at 30th Street 62年
8.Ambassador Blues / Bud Shank, Claude Williamson, Don Prell, Chuck Flores / Live At The Haig 56年
9.Out Of This World / Bud Shank, Claude Williamson, Don Prell, Chuck Flores / Live At The Haig 56年

『JAZZBAR COZY』
毎月第1~4金曜日夜21時放送
選曲解説:水谷幸志

アサヒビール大山崎山荘美術館 「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」

【わがまち☆イチオシ情報】1月21日10時

関連記事

  1. 『JAZZBAR COZY』2月17日

    “ジョーダンは40年代にはチャーリー・パーカーのバンドで、そして50年代にはスタン・ゲッツの…

  2. 2016.11.11 JAZZBAR COZY選曲リスト

    ダイナ・ワシントンといえば、先ずEMARCYのDinah Jams 5(ウィズ・クリフォード…

  3. 今夜のJAZZBAR COZY

    土曜日、日曜日の雪が心配ですね。暖かくしてお過ごしください。それでは今夜のセレクトで…

  4. 10月28日放送 JAZZBAR COZY

    今晩は、滋味あふれるウォーム・テナーの競演「Ben Webster Meets Don By…

  5. 『JAZZBAR COZY』10月12日

    16時台は水谷幸志さんをお迎えしてJAZZBAR COZYをお送りしました。今回はホーギーカ…

  6. 2016.06.17 JAZZBAR COZY

    今月は雨をテーマに選曲しております。特に今週と来週は、格調高いナンバー「Come Rain …

  7. 2016年9月23日放送

    9月も4週目に入ると本格的な秋ももう少し。豊かで、つややかな歌声。ジミー・スコットのバラ…

  8. 『JAZZBAR cozy』

    この時間は、水谷幸志さんをお迎えしてJAZZセレクトをお送りしています。今回はボサノ…

最近の記事

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.