『JAZZBAR COZY』3月10日

DREAM OF YOU

メリルの「ウィズ・クリフォード…」の他に是非とも聴いておきたい2枚目はギル・エバンスの美しいアレンジで聴く”ニューヨークのため息”「Dream Of You 56年」。まだギル・エバンスの名がそれほど知られていない頃の作品。主役はもちろんメリルだが、ギルが歌伴にも非凡な才能の持ち主であることを示した1枚である。
中でも、ギターをバックにヴァースから歌い始める「バイ・マイ・セルフ」が素晴らしい。メリルは感情を抑えつつ、ごく自然に歌の世界に入っていく。そこにスモール編成のオーケストラにストリングを加えたカラフルなサウンドが次第に感情を込め歌いだすメリルを上手くバックアップする。

2017.3.10
1.People Will Say We’re In Love / Helen Merrill / Dream Of You 56年
2.People Will Say We’re In Love / Monica Lewis / Fools Rush In 56年
3.By Myself / Helen Merrill / Dream Of You 56年
4.By Myself / Ray Bryant Trio / Little Susie 59,60年
5.Any Place I Hang My Hat Is My Home / Helen Merrill / Dream Of You 56年
6.Any Place I Hang My Hat Is My Home / Barbara Lea / A Woman In Love 54,55年
7.He Was Too Good To Me / Helen Merrill / Dream Of You 56年
8.He Was Too Good To Me / Ann Burton / Blue Burton 67年
9.He Was Too Good To Me / Carmen McRae / Book Of Ballads 58年
10.Where Flamingos Fly / Helen Merrill / Dream Of You 56年
11.Where Flamingos Fly / Chris Connor / A Portrait Of Chris 60年
12.Where Flamingos Fly / Toni Harper / Night Mood 62年
13.Dream Of You / Helen Merrill / Dream Of You 56年
14.Dream Of You / Earl Hines / Here Comes 66年

『JAZZBAR COZY』
毎月第1~4金曜日夜21時放送
選曲解説:水谷幸志

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.