兵庫県神戸市 兵庫県立美術館 特別展『ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』

トマス・ルルイ《生き残るには脳が足りない》2009年 
ロドルフ・ヤンセン画廊(ブリュッセル)蔵
copyright: studio Thomas lerooy, Brussels
courtesy: Rodolphe Janssen, Brussels photo: Philippe D, Hoeilaart

5月26日(金)モーニングトレイン『お出かけ日和』で紹介した
特別展『ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』の
チケットプレゼントの締め切りが本日です。
まだの方は、どうぞお早めに。

兵庫県神戸市にある兵庫県立美術館で開催中のこの特別展では、15世紀から現代に至るまでの約500年にわたって、
現在のベルギー・フランドル地方周辺で生み出された奇想の表現の流れを追うことができます。

ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク《運河》1894年 クレラー=ミュラー美術館(オッテルロー)蔵

会期は、7月9日(日)まで。詳しくは兵庫県立美術館のホームページ http://www.artm.pref.hyogo.jp/ をご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.