【やまよもやまばなし】荻野さん 虚空蔵山と歴史探訪

今日の「やまよもやまばなし」では荻野さんをお迎えして、地元三田の山「虚空蔵山と歴史探訪」と題してお話を伺いました。

地元の山でありながら、その歴史はあまり知らない方も多いのではないでしょうか?

実はとても歴史的価値の高いものがたくさん見られるんですよ!

虚空蔵山には大きく3つのルートがあります。

①JR藍本駅を起点とした表参道コースと裏参道コース 旧街道を南へ下れば表参道、北へ行くと裏参道。表参道がポピュラーコース
②陶の里(篠山市今田町)起点とする登山コース
③JR草野駅から 八王子山経由縦走して虚空蔵山へ行くコース
があります。

登山と歴史探訪ということで、荻野さんが暑い中、登って写真を撮ってくださいました!

なかなか歴史的に見て興味深いものがたくさんありますね!
スタート地点の酒滴神社の石鳥居は応永2年(1395年)のもので、石鳥居の中でも最も古いものの1つだそうですよ!兵庫県の指定重要有形文化財です。
「算法額」とは数学者が難問を解いたときに奉納する絵馬だそうで、こちらは扇ではなく、数学の問題なんですね。ひっそりと飾ってあるそうですが、ぜひ見つけてください!
また、虚空蔵堂のはずれにある鯱瓦は書写山円教寺金剛堂と国宝彦根城天守閣にあるものと同じ形。それがなぜか地面に転がっています・・・。

地元の山でも意外に知らないことが多いようです。
郷土の歴史に触れに虚空蔵山に登ってみてはいかがですか?

ハニー・モーニング・バルコニー 藤元愛

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.