京都府京都市 泉屋博古館「うるしの彩りー漆黒と金銀が織りなす美の世界」

扇面謡曲画蒔絵会席膳 丸盆 大正時代 象彦(西村彦兵衛)

9月28日(木)放送のモーニングトレイン『お出かけ日和』は、

京都府京都市左京区にある泉屋博古館で開催中の

秋季企画展「うるしの彩りー漆黒と金銀が織りなす美の世界」を紹介しました。

軍鶏蒔絵文箱 江戸時代 柴田是真

住友家に伝わる漆工芸を一堂に展示する初の企画展です。

雅な会席食器類、書斎を飾る硯箱、華やかな調度品、

そして茶道や香道、能楽などの伝統文化の世界で重用された作品などがあります。

堆黄龍彫円盆 明 万暦17年

会期は10月15日(日)まで。

詳しくはホームページ https://www.sen-oku.or.jp/ ご覧ください。

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.