陶芸物語~河井寬次郎の深い精神世界を辿る特別展

陶芸物語~河井寬次郎の深い精神世界を辿る特別展

電子ブック版『HONEY vol.47 秋号』はこちらをクリックしてください】※別ページが開きます。
兵庫陶芸美術館で開催される
特別展『没後50年 河井寬次郎ー過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今ー』2018年9月22日(土)~12月9日(日)
の特徴や見どころを学芸員のマルテル坂本さんにお聞きしました。

河井寬次郎 碧釉蓋物 1965年頃 河井寬次郎記念館

──特別展の特徴を教えてください。
近代陶芸を代表する陶芸家であり、作品のみならず、その独特の美意識や生き様が、
没後50年を経て尚、多くの人々の心を打つ作家・河井寬次郎(1890-1966)の仕事の全貌とその深い精神性を辿る展覧会です。
島根県安来市に生まれた河井は、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に学び、
京都市立陶磁器試験場で技師として働いた後、1920年に京都・五条坂に工房と住居を構えました。
現在は、旧宅が「河井寬次郎記念館」として一般公開されています。

河井寬次郎 呉洲貼文扁壺  1961年頃 河井寬次郎記念館

──見どころをお願いします。
中国や朝鮮の古陶磁の手法に基づいた初期作品から、思想家・柳宗悦(1889-1961)らと共に推進した
民藝運動の精神に基づく実用を重んじた力強い作品、戦後、色鮮やかな釉薬を用いた独創的な造形作品まで、
その卓抜した芸術性を示す陶芸作品に加え、木彫や書、自らデザインを手掛けた家具調度品などが一堂に会します。
特に本邦初公開となる山口大学所蔵の最初期作品や、河井寬次郎の実孫である鷺珠江氏の監修による、
近親者ならではの温かく、細やかな目で選ばれた作品のラインナップが秀逸です。

河井寬次郎 青瓷鱔血文桃注 1922年頃 河井寬次郎記念館

電子ブック版『HONEY vol.47 秋号』はこちらをクリックしてください】※別ページが開きます。

兵庫陶芸美術館 http://www.mcart.jp/

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.