【ROCK STREAM】…AND JUSTICE FOR ALL (DELUXE BOX SET)!! 11月10日(土)放送

…AND JUSTICE FOR ALL / METALLICA

…AND JUSTICE FOR ALL (DELUXE BOX SET)!!

METALLICAにおける故クリフ・バートン(b)の存在の大きさは、デビュー盤『KILL ‘EM ALL…』(1983)、2nd『RIDE THE LIHTNING』(1984)、そして3rd『MASTER OF PUPPETS』(1986)を聴けば一目瞭然。ザクザクと切り込んでくるスラッシーなギターリフの嵐の中で、知的で才能に溢れ、冷静で深く、それでいて内に秘めた熱い感情がほとばしるその演奏は、まさにバンドの核を成していた。
1986年クリフは『MASTER OF PUPPETS』に伴うツアーでバスの事故により(他のメンバーは軽傷)、不運にも24歳でこの世を去る。
その後バンドは、50人を超えるベーシストをオーディションし、新しくジェイソン・ニューステッド(b)を迎えバンド通算4枚目のスタジオ・アルバムを制作することに。クリフとは全くスタイルの違うジェイソンのプレイは、間違いなくこの『…AND JUSTICE FOR ALL 』(1988)で新たなMETALLICA像を提示できたはず。しかしバンドはその道を選択しなかった。
今回リリースされたリイシュー盤『…AND JUSTICE FOR ALL 』では、リマスター盤とLP盤、ライヴ盤、そしてラフミックス盤があり、昨夜の放送はこのラフミックス盤を聴いてみた。プロデューサーのフレミング・ラスムッセンやエンジニアのスティーヴ・トンプソンが過去にインタビューで答えていたが、アルバム制作時ジェイソンは素晴らしいプレイをしていたらしい。
ベースが本来あるべき姿でミックスされていれば、もっと好きになるアルバムなのになぁ、とつくづく思う。

2018.11.10
01.Blackend (WORK IN PROGRESS ROUGH MIX) / METALLICA
02.Eye Of The Beholder (WORK IN PROGRESS ROUGH MIX) / METALLICA
03.The Shortest Straw (WORK IN PROGRESS ROUGH MIX) / METALLICA
04.Dyers Eve (WORK IN PROGRESS ROUGH MIX) / METALLICA
05.Master of Puppets (Live – Seattle ’89) / METALLICA
06.Dream Machines / SEVENTH WONDER
07.Shield Wall / TEN

『ROCK STREAM』
ハードロック・ヘヴィメタル専門番組
放送:毎週土曜日夜23時~24時
DJ:戸川崇

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.