年末年始展示イベント「いのしし」開催! 国立民族学博物館

アルプ行列の人形(スイス) 国立民族学博物館蔵

みんぱく 年末年始展示イベント「いのしし」開催!

12月4日(火)放送の「お出かけ日和」は、大阪府吹田市にある国立民族学博物館で6日(木)から始まる年末年始展示イベント「いのしし」についてお聞きしました。みんぱくでの干支展は今年で15回目、今回は来年の干支「いのしし」です。
人類はいのししと長い歴史の中で、さまざまな関係を築いてきました。ヒトは、いのししを狩り、買い、食べ、道具として使います。そして見た目を愛で、その姿かたちを人形にしたり、絵の題材にしたりしています。今回は約160点の資料を「かざる」「つかう」「めでる」の3つのコーナーで紹介します。人類がいのししの「かたち」の何に関心を抱いているのか、ぜひご覧ください。

土鈴(日本) 国立民族学博物館蔵

首飾り(インド) 国立民族学博物館蔵

会期は12月6日(木)~2019年1月22日(火)まで。
詳しくは国立民族学博物館のホームページ http://www.minpaku.ac.jp/ をご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.