【いとしのエンタメ】映画「家(うち)へ帰ろう THE LAST SUIT」

家(うち)へ帰ろう THE LAST SUIT

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

サウンドブランチ 鳥飼美紀です。
今週ご紹介した作品は、アルゼンチンとスペインの合作映画「家へ帰ろう THE LAST SUIT」です。
アトランタユダヤ人映画祭ほか13以上の映画祭で観客賞などを受賞。
そのほかの映画祭でも、数え切れないほどノミネートされた感動作です。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

アルゼンチンに住む88歳のユダヤ人仕立屋アブラハム。
住み慣れた仕立屋兼自宅を引き払い老人施設に入ることになるが、仕事場に1着だけ残ったスーツを見て、彼はあることを決意する。
それは、ポーランドに住む70年以上会っていない親友に、そのスーツを届けに行く……ということ。
親友は、ユダヤ人であるアブラハムが戦争中にホロコーストから逃げかえったとき、匿ってくれた命の恩人だった。
アブラハムは親友との別れ際に「いつか自分の作ったスーツを渡しに来る」という約束をしたのだった。
アルゼンチンからスペイン、そしてパリを経てポーランドへと向かう彼の心の中には、「絶対にドイツを通らない」という決意があった。
かたくなに「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を発しないアブラハムは、無事ポーランドへたどり着き、約束を果たすことができるのか……。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

ラストシーンを見たいがために何度も同じ作品を観る・・・ということはないですか?
私には、「ひまわり」「ローマの休日」「ララランド」など、そんな作品が何本かあります。
もちろん、どの映画もラストシーンは印象に残るように作られていますが、特に心に残っている作品は何度も観たいと思わせてくれますね。
この「家へ帰ろう」も、私の“心に残るラストシーンリスト”に入ることになりました。
ナチスドイツ、ホロコーストを背景とした作品は毎年何本も作られますが、どの作品も心を打ちます。
当時のユダヤ人一人一人に物語があり、それはそれぞれ違うものだから、私たちは新たな哀しみを知り、新たな感動を覚えるのでしょう。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

監督:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ アンヘラ・モリーナ オルガ・ポラズ ユリア・ベアホルト
2017年 アルゼンチン・スペイン合作 93分 配給:彩プロ
http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp/
12月22日(土)から 、シネ・リーブル梅田 シネ・リーブル神戸で公開されます。

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.