9月2日放送

cozy今月のJAZZBAR COZYは“JAZZの小品を味わう”をテーマに選曲して頂いています。

9月の第1週
静かな語り口、リリカルだけどバッパー、派手じゃないけど存在感のあるピアニスト「トミー・フラナガン」を取り上げます。
ジャズ喫茶で良くかかっていた50年代60年代のジャズ。その黄金時代の愛すべきピアニストの一人がフラナガン。
ジャズ・ピアノの名手でありながら、なぜがリーダー作に恵まれず、脇役の名手とか名盤請負人などの異名を持つピアニストである。
フラナガンの代表作と言えば、57年の『Overseas』。ピアノ・トリオの誉れ高きアルバムで27才のフラナガンは実にアグレッシブで、ジャズ喫茶で聴くと実にピッタリと似合っていた。
でも今夜は少し雰囲気を変えて、キラキラとした輝きを放つ可憐なシングル・トーン。繊細なリリカルな音色が心を癒す、ジャズの詩人「Jazz Poet」89年の作品を味わいます。
通り雨がザーッと走り抜けて、歩道の踏み石を濡らす。心洗われるひと時・・・そのような気分に浸れるキラキラと輝く小品9曲を届けます。

2016.09.02
1.Raincheck / Tommy Flanagan / Jazz Poet 89年
2.Willow Weep For Me/ Tommy Flanagan / Jazz Poet 89年
3.I Remember Clifford / JR Monterose / The Message 59年
4.Goodbye, Old Girl / Art Farmer / Art 60年
5.Caravan / Tommy Flanagan / Jazz Poet 89年
6.D-Natural Blues / Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar 60年
7.Lotus Blossom / Kenny Dorham / Quiet Kenny 59年
8.Cry Me A River / J.J. Johnson / First Place 57年
9.I’m Old Fashioned / Tommy Flanagan / Jazz Poet 89年

選曲と解説は水谷幸志さんでした。来週もどうぞお楽しみに。

8月ラスト2週の選曲リストもアップしておきます。

2016.08.19
1.How Insensitive / Karin Krog & Dexter Gordon / Blues And Ballads 70年
2.Menina Moca / Stan Getz / Stan Getz With  Laurindo Almeida 63年
3.Insensatez / Nara Leao / Dez Anos Depois 71年
4.Once Again / Stan Getz / Stan Getz With  Laurindo Almeida 63年
5.How Insensitive / Tony Bennett / If I Ruled The World: Songs For The Jet Set
6.How Insensitive / Doris Day / Latin for Lovers 64年
7.Samba Da Sahra / Stan Getz / Stan Getz With  Laurindo Almeida 63年
8.How Insensitive (Insensatez) / Antonio Carlos Jobim & Sting / Antonio Brasileiro 94年
9.How Insensitive / Frank Sinatra & Antonio Carlos Jobim / Francis Albert Sinatra & Antonio Carlos Jobim 67年
10.Maracatu-Too / Stan Getz / Stan Getz With  Laurindo Almeida 63年
11.Insensatez / Antonio Carlos Jobim / Ao Vivo: Tom Canta Vinicius 90年

2016.08.26
1.Chovendo Na Roseira / Elis Regina & Antônio Carlos Jobim / Elis & Tom 74年
2.Samba Cantina / Paul Desmond / Bossa Antigua 64年
3.Inutil Paisagem / Elis Regina & Antônio Carlos Jobim / Elis & Tom 74年
4.A Ship Without A Sail / Paul Desmond / Bossa Antigua 64年
5.Chega De Saudade / Nara Leao / Dez Anos Depois 71年
6.Chega De Saudade(No More Blues) / Gary Burton / Alone At Last 71年
7.No More Blues / Jon Hendricks / Salud! Joao Gilberto
8.Chega De Saudade / Quincy Jones & His Orchestra / Big Band Bossa Nova 62年
9.Bossa Antigua / Paul Desmond / Bossa Antigua 64年
10.Aguas De Marco / Elis Regina & Antônio Carlos Jobim / Elis & Tom 74年
11.The Girl From East 9th Street / Paul Desmond / Bossa Antigua 64年

8月はボサノバ特集でした。

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.