JAZZBAR COZY 選曲リスト 10/21放送

cozy

今晩は、“幻のテナー・マン”ことジェームス・クレイとデヴィッド・ニューマンとのテナー・バトルのアルバム「The Sound Of The Wide Open Spaces 60年」から。
この2人、ソウルフルなプレイという点では負けず劣らずの腕達者。70年代には共に「レイ・チャールス」のメンバーでもある。サイド・メンも本作にピッタリのウィントン・ケリー・トリオが付き合う。
ソウルフルなプレイをベースに、R&B的なフィーリングを湛えながらも、実に見事なハード・バップを、
そしてモダンなバトルを繰り広げます。他にも胸に染み入る”ほのぼの“とした曲やシンプルで美しい旋律など、スタンダードの聴き比べも楽しみます。

1.Some Kinda Mean / James Clay, David Fathead Newman / The Sound Of The Wide Open Spaces 60年
2.They Can’t Take That Away from Me / James Clay, David Fathead Newman / The Sound Of The Wide Open Spaces 60年
3.They Can’t Take That Away from Me / Ella Fitzgerald & Louis Armstrong / Ella & Louis 56年
4.They Can’t Take That Away from Me / Duke Jordan Trio / Duke Jordan Trio 54年
5.They Can’t Take That Away from Me / Frank Sinatra / Swing Easy 54年
6.What’s New / James Clay / The Sound Of The Wide Open Spaces 60年
7.What’s New / J.J. Johnson Blue Trombone 57年
8.What’s New / Dick Haymes / Moondreams 56年
9.P.S. I Love You / Frank Sinatra / Close To You And More 56年
10.P.S. I Love You / Lee Morgan / Introducing Lee Morgan 56年

来週もどうぞお楽しみに。

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.