【当選発表】兵庫陶芸美術館「No Man’s Land」5組10名様ご招待!!

応募の受け付けは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

当選者発表

ハニーネーム やまさん(三田市)
ハニーネーム ハッピーさん(神戸市北区)
ハニーネーム にょりだーさん(三田市)
ハニーネーム SUNNYさん(西宮市)
ハニーネーム はるちゃんさん(三田市)

以上の皆様、おめでとうございます!

「緊急事態宣言」発出により、兵庫陶芸美術館は令和3年5月11日(火)まで臨時休館となっています。
プレゼントのチケットは宣言が解除・展覧会が再開されましたらお使いいただけますので奮ってご応募ください。

兵庫陶芸美術館では、現在、開館15周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」を開催中!

秋永邦洋 《擬態化(龍)》 2019年 写真:南野馨

兵庫陶芸美術館は開館して15年。
これまで様々なやきものを展示してきました。
陶芸というと私たちが日常に使うお皿や器がまずは思い浮かびますが、時代とともにその幅は大きく変わってきました。

若杉聖子 《恋ひ》 2019年 写真:渞忠之

今回の展覧会では、30代~40代という若い作家15名の作品が展示されています。
素材は土・陶ですが、若い作家たちは洗練された新しい感覚で制作し、現代美術、デザイン、建築などの幅広い分野に影響を与えています。
いずれも「土」でできた作品とは一見してわからない、インパクトのある作品ばかり。

増田敏也 《Low pixel CG「ボーナスポイント(パイナップル)」》 2019年

陶芸というジャンルを超えて作られた作品を通して「やきものって何だろう?」「陶芸の未来とは?」
ぜひ実際に見て、感じて、考えてみてください。

「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」
現在開催中~2021年5月30日(日)
開館時間:10時~18時(ただし、4月29日~5月5日は10時まで開館)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし5月3日は開館、5月6日休館)
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4TEL:079-597-3961
https://www.mcart.jp/

担当学芸員 マルテル坂本牧子さんの見どころ解説はこちらからも聞くことができます。
→ https://fm822.com/archives/30959

締切:4月30日(金)17時 当選発表:HONEYFMのホームページにて

こちらの記事もどうぞ

error: Content is protected !!