【当選発表】兵庫陶芸美術館「古伊万里に魅せられて」5組10名様ご招待!!

応募の受け付けは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

当選者発表

ハニーネーム としくんさん(三田市)
ハニーネーム レモンさん(京都市右京区)
ハニーネーム キモショウさんさん(高槻市)
ハニーネーム あさみちゃんさん(三田市)
ハニーネーム めーぷるさん(三田市)

以上の皆様、おめでとうございます!

兵庫陶芸美術館では、現在、受贈記念 赤木清士コレクション「古伊万里に魅せられて─江戸から明治へ─」を開催中!

肥前 有田 色絵花鳥文調味料入揃物(7点組) “18世紀初頭~中頃
江戸時代中期” 全期展示 兵庫陶芸美術館(赤木清士コレクション)

赤木清士コレクションは、江戸後期から明治期に有田(佐賀県西松浦郡有田町)や志田(佐賀県嬉野市)などで作られた肥前磁器を中心としたコレクションです。
その内容はとてもバラエティに富んでいます。
愛嬌たっぷりの人物や動物、華やかに描かれた植物、近代を象徴する電線が描かれたお皿や富国強兵策を印象付ける軍事演習が描かれたものまで様々なデザインの磁器を通して、江戸から明治へと移行していく時代の息吹が感じられる展覧会となっています。

肥前 有田 染付日本地図文大皿 “1830~1840年代
江戸時代後期” 全期展示 兵庫陶芸美術館(赤木清士コレクション)

特に見どころとなっているのが、大人数の会食に供される大皿や、個々に配膳される組み物のお皿など、一点物の大皿から最大40枚組の組み物が展示されています。
当時の人々がどのように器や皿を使ってきたのか、その暮らしぶりを垣間見ることができます。
ぜひこの機会に江戸~明治期の人々の暮らしにも思いを馳せてください。

肥前 有田 青磁染付団鶴文八角皿 “19世紀
江戸時代後期” 全期展示 兵庫陶芸美術館(赤木清士コレクション)

赤木清士コレクション「古伊万里に魅せられて─江戸から明治へ─」

現在開催中~2021年8月29日(日)
開館時間:10時~18時(7月~8月の土曜日と日曜は9時30分~19時)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし8月9日は開館、8月10日休館)
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4TEL:079-597-3961
https://www.mcart.jp/

陶芸物語

担当学芸員 村上ふみさんに見どころを解説していただきます!
6月30日(水)15時10分頃~
ぜひお聴きくださいね!

締切:7月9日(金)17時 当選発表:HONEYFMのホームページにて

 

こちらの記事もどうぞ

error: Content is protected !!