【受付終了】兵庫陶芸美術館「やきものを愉しむ」5組10名様ご招待!!

兵庫陶芸美術館では6月11日(土)~特別展「受贈記念 平井昭夫コレクション × 三浦徹コレクション やきものを愉しむ ―二人のまなざし―」を開催します。

河井寛次郎 《呉洲泥刷毛目鉢》 1955年 平井昭夫コレクション

今回の展覧会は2019年から2021年にかけて神戸市在住の二人のコレクターから受贈された、現代陶芸を中心としたコレクションが展示されます。

洋画材店を営んでいた平井昭夫氏(1931- )は当初、古陶磁に惹かれてやきものを蒐集し始めますが、あるとき、民藝運動を牽引した陶芸家の一人である河井寬次郎(1890-1966)の作品に感銘を受け、次第に民藝の流れを汲んだ作家や重要無形文化財保持者(人間国宝)らの作品を中心にコレクションの幅を広げていきました。自らデザインし特注した家具・調度品にこれらの作品を飾り客人たちと共有する時間は、平井氏にとって至福のひとときであったようです。

富本憲吉 《色絵薊模様飾皿》 1939年 平井昭夫コレクション

一方、医師であった三浦徹氏(1937- )は、医学生時代に訪れた丹波立杭で、一つの丹波焼の壺と出会ったことで、自ら作陶に打ち込むほどにやきものに惹かれていきます。やがて、現代作家によるユニークな陶芸作品が面白くなり、知名度や受賞歴を問わず自らの心にぐっと刺さってくる作品を中心に精力的にコレクションを続けていきました。三浦氏はのちに私設美術館「神戸わたくし美術館」を自邸に立ち上げ、そのコレクションは多くの人々に愛されてきました。

申相浩 《Dream of Africa》 2004年 三浦徹コレクション

松本ヒデオ 《GEO-Ho 9905》 1999年 三浦徹コレクション

平井氏・三浦氏のコレクションには、やきものに親しみ、慈しみ、何より愉しんだお二人の温かい人柄と鋭い審美眼がそれぞれに反映されています。
お二人のまなざしを通して、やきものの魅力に触れ、ともにお愉しみください。

会期:2022年6月11日(土)~8月28日(日)
休館日:月曜日 ただし、7月18日(月・祝)は開館し、7月19日(火)は休館
開館時間:10時~18時(7・8月の土日は9時30分~開館)※入館は閉館の30分前まで
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4 TEL:079-597-3961
WEB:https://www.mcart.jp/exhibition/e3401/

陶芸物語

展覧会の見どころを学芸員さんに伺う「陶芸物語」
6月29日(水)15時10分頃~放送です。ぜひあわせてお楽しみください。

ご応募は下記からどうぞ。
締切:6月30日(木)18時

 

こちらの記事もどうぞ

error: Content is protected !!