今月のJAZZBAR COZYはヴァイブラフォン特集。

Happenings

今月はヴァイブラフォン特集をお送りしています。今夜の放送が年内ラストとなります。

“「ティディ・チャールス」はミルト・ジャクソンのスタイルから見事に抜け出すことに成功した進歩的な奏者。「ボビー・ハッチャーソン」はモダン一辺倒ではなくて、オリジナル曲を弾きソロ多重録音をするなどの多彩なテクニックを極めた奏者。 ヴァイブのコルトレーンとの異名をもつ「ウォルト・ディカーソン」。メタリックな、クールで細やかなフレーズ、理知的な響き。複雑なハーモニック・スケールを弾きこなす奏者。
今夜は、三人三様のヴァイブ・奏者達のくつろぎと安らぎと、緊張感に満ちた、そして少し不思議な味覚、いや感覚のジャズを味わいます。”

2016.12.23
1.Bouquet / Bobby Hutcherson / Happenings 66年
2.Maiden Voyage / Bobby Hutcherson / Happenings 66年
3.Nature Boy / Teddy Charles / The Teddy Charles Tentet 56年
4.Nature Boy / The Singers Unlimited / A Capella II 74年
5.Elizabeth / Walt Dickerson / This Is Walt Dickerson 61年
6.Nature Boy / Barney Wilen / Tilt 57年
7.Nature Boy / Lorez Alexandria / Deep Roots 62年
8.How Deep Is The Ocean / Walt Dickerson / To My Queen 62年

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.