『JAZZBAR COZY』2月17日

Flight to Jordan

“ジョーダンは40年代にはチャーリー・パーカーのバンドで、そして50年代にはスタン・ゲッツのグループなどで彼のキャリアは輝きを放っていた。その彼がブルーノートに遺した作品から随一のリーダー作「Flight To Jordan」60年からは、キリキリと瑞々しく粒立った珠玉のオリジナル作を。サイドメンからは「Blue Lights Volume 1」58年から、ブルージーなナンバーを味わいます。”

2017.2.17
1.Yes Baby / Kenny Burrell / Blue Lights Volume 1 58年
2.Starbrite / Duke Jordan / Flight To Jordan 60年
3.Split Quick / Duke Jordan / Flight To Jordan 60年
4.Scotch Blues / Kenny Burrell / Blue Lights Volume 1 58年
5.Deacon Joe / Duke Jordan / Flight To Jordan 60年
6.Flight To Jordan / Duke Jordan / Flight To Jordan 60年

『JAZZBAR COZY』
毎月第1~4金曜日夜21時放送
選曲解説:水谷幸志

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.