『JAZZBAR COZY』 2月24日

Flight to Denmark

どこか武骨で不器用な生き方のピアニスト、ジョーダン。しかし寡作だが作曲家としての才能にも優れ、マイナーな曲でなくてもどこか哀愁が滲み、日本人の琴線や感性とどこか繋がっていた。彼の分厚く大きな手、その指から生まれる出る美しいメロディーは今も私たちの心を揺さぶる。今晩は70年代の代表作「Flight To Denmark」73年、その雪景色のジャケがどこか哀愁を漂わせる。その他、ハードバピッシュな若きリーダー達との作品に耳を傾けます。

2017.2.24
1.Tribute To Brownie / Louis Smith / Here Comes Louis Smith 57年
2.No Problem / Duke Jordan / Flight To Denmark 73年
3.Jordu / Barney Wilen / Barney 59年
4.Here’s That Rainy Day / Duke Jordan / Flight To Denmark 73年
5.Panonica / Doug Watkins / Watkins At Large 56年
6.Flight To Denmark / Duke Jordan / Flight To Denmark 73年
7.How Deep Is The Ocean / Duke Jordan / Flight To Denmark 73年

『JAZZBAR COZY』
毎月第1~4金曜日夜21時放送
選曲解説:水谷幸志

 

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.