ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

やまよもやまばなし

【やまよもやまばなし】北海道登山~旭岳、十勝岳、富良野岳~三田山遊会 代表 横井さん

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当の藤元愛です。
朝晩は過ごしやすくなりましたね~!その分、何を着たらいいのやら??な毎日が続いていますが、皆さんはいかがですか?

さて、今日の「やまよもやまばなし」は三田山遊会 代表の横井さんに北海道登山のお話をしていただきました!
3泊4日で3つの山を登られた横井さん、それぞれの山のエピソードも交えて見どころもお話いただきました。
また、とってもリーズナブルに北海道登山を行う方法も伺いましたので、ぜひアーカイブ放送もお聞きくださいね!

行かれたのは7月下旬。台風の心配もあったそうですが、1日をのぞき晴天に恵まれた山旅だったそうです。
初日は移動と層雲峡観光、北海道着2日目から登山開始です。
登山第1日は大雪山系への登山。この日は黒岳~旭岳への縦走組と旭岳ロープウェイ~旭岳~裾合平をめぐる周回コースの二手に分かれて出発。横井さんは後者の周回コースを歩かれました。
今年は雪が多かったため雪渓が多く、アイゼンを装着して慎重に歩いたそうです。

雪が多く残る山の斜面、何に見えますか?
真ん中のあたりは鳥の姿に見えますね!

こちらは横井さんが発見した「うなぎ」の形です。
確かにウナギがにょろにょろと上がっていく姿のよう!

黒岳からの縦走コースはお花がたくさん咲いていたそうですが、横井さんが歩かれた周回コースの裾合平にはなんとチングルマの大草原が!
こんなにチングルマが咲いている風景は初めて見たと横井さん。

標高によってチングルマの花期も違っているようで、花が終わり風車になった草原も。
確かにこんなに一面のチングルマ、なかなか見られませんね!
縦走コースは体力・経験が必要ですが、周回コースは歩きやすいのでオススメとのこと!
ぜひチングルマの絶景を見てみたいものですね!

さて、登山第2日は十勝岳。
この日はあいにくのお天気で雨と強風のため、山頂まであと50分というところで引き返されたのだそう。

十勝岳は火山のため、灰や砂礫が多く、風をしのぐ木もないので、強風になると危険ということでした。
まさに「勇気ある撤退」ですね。
ただ、高山植物は少ないため「日本百名山制覇」目的で登るのがベストのようです(笑)!

そして登山第3日は富良野岳。
この前日から泊まった十勝岳温泉の旅館の露天風呂からは富良野岳が望める最高のロケーション。
しかも登山口は旅館の目の前!オススメです。凌雲閣 https://www.ryounkaku.jp/

富良野岳はまさに「花の名山」
エゾイチゲとチングルマの競演。

エゾナキウサギギクの美しい黄色の花々。

ピンクがかわいいエゾコザクラ。

珍しい白のイワギキョウ。

そして「高山植物の女王」コマクサも!

ため息が出るほど美しい光景が広がっていますね。
半年も前から計画されていたという北海道登山。皆さんも来年の夏に向けて計画を立ててみては?

下記から今日の放送を聞くことができます。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!