ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】➀『サバカン』(日本映画)

金曜の夜9時からおおくりしている最新シネマ情報番組「とっておきシネマ」の鳥飼美紀です。

今週は2本の日本映画をご紹介しました。
どちらも気楽に見られて、ユーモアたっぷり、せつないシーンもあり、ラストは胸にジンとくる映画らしい映画です。
夏休みなので、ぜひご家族連れでご覧ください。
まずは、本日8月19日公開の『サバカン』からご紹介しましょう。

©2022 SABAKAN Film Partners

【STORY】
1986年(昭和61年)の長崎が舞台。
夫婦喧嘩は多いが愛情深い両親と弟と暮らす久田くんは、斉藤由貴とキン消しが大好きな小学5年生。
そんな久田くんは、竹本くんという家が貧しくクラスメートから避けられている少年と、ひょんなことから“イルカを見るため”に自転車でブーメラン島を目指すことに。
道中、海で溺れかけ、ヤンキーに絡まれ、散々な目に遭うが、この冒険をきっかけに二人の友情が深まる。
だが、別れを予感させる悲しい出来事が起こってしまう…。

©2022 SABAKAN Film Partners

【REVIEW】
2人の少年が主人公で、久田くんを番家一路、竹本くんを原田琥之佑という、どちらも本作が映画デビューとなる新人子役。
素人っぽい演技が逆にリアルで微笑ましい。
久田くんは大人になって作家になるが、実際は食べるのがやっとのゴーストライターで、離婚した家族への仕送りもままならない状況。
そんな久田くんには、サバの缶詰を見ると思い出す一人の少年がいた…というシーンからこの映画は始まる。

©2022 SABAKAN Film Partners

昭和の終わりの長崎では、子供たちは自然に囲まれ伸び伸びと育っている。
久田くんは、裕福ではないけれど貧しくもない、普通に質素な家の子。
お母さんが尾野真千子、お父さんが竹原ピストル…と聞いただけでどんな家庭か想像できるだろう。
がらっぱちで、けっして上品ではないけれど、愛情深く真っ当な昭和の家族。
ちょっとあかんたれで優柔不断な久田くんの演技が、初々しい。
また、お兄ちゃんである久田くんにまとわりつく弟もすごく可愛い。
それに比べて竹本くんの家は、シングルマザーで子だくさんだから生活は大変。
それなのに更に…という運命のいたずらのような展開が待っているのだ。

©2022 SABAKAN Film Partners

当時の子供たちの遊びや、コレクションや、夢中になったアイドルなどが端々に出てきて、懐かしい。
こちらの気持ちも一緒にあの頃に戻って、優しい気持ちが湧いてくる……そんな映画だ。
少年たちのひと夏の冒険と友情を、観客も共に味わってほしい。

監督:金沢知樹
出演:番家一路 原田虎之佑 尾野真千子 竹原ピストル 貫地谷しほり 草彅剛 岩松了
2022年/日本/96分/配給:キノフィルムズ
https://sabakan-movie.com
8月19日(金)~TOHOシネマズ梅田 TOHOシネマズ西宮OS キノシネマ神戸国際などで公開

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!