ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】日本映画『最後まで行く』

金曜の夜9時からおおくりしている、最新シネマ情報番組「とっておきシネマ」の鳥飼美紀です。

今週は、5月19日(金)から全国公開、そしてイオンシネマ三田WTでも上映される『最後まで行く』をご紹介しました。
事故を発端に、極限まで追い詰められていく刑事の姿を描いたクライムサスペンスです!
陰謀に巻き込まれていく刑事と、それを追う監察官……暮れも押し迫った12月29日からのわずか4日間の物語。
一瞬も目が離せないノンストップ・サスペンス・エンターテインメントです。
オリジナルは2014年の韓国の大ヒット映画で、すでに中国・フランス・フィリピンでリメイクされています。
今回の日本版は、韓国版をリスペクトしつつ、オリジナルのラストのさらにその先まで行っているとか……。
監督は藤井道人監督、追い詰められる刑事を岡田准一さん、追う監察官を綾野剛さんが演じています。
バイオレンスなクライムサスペンスとはいえユーモアもたっぷりで、最高に楽しんでいただける作品だと思いますよ!

© 2023映画「最後まで行く」製作委員会

【STORY】
年の瀬の12月29日夜、どしゃ降りの雨の中を刑事の工藤は危篤の母のもとに向かうため車を飛ばしていた。
妻からの着信で母の最期に間に合わなかったことを知った工藤は、その直後に車の前に現れたひとりの男をはねてしまう。
狼狽した工藤は男の遺体を車のトランクに入れて走り去り、切羽詰まった揚句に母の棺桶に男の遺体を入れ、母とともに焼こうと試みる。
しかし、その時、スマホに「お前は人を殺した。知っているぞ」というメッセージが入る。
送り主は県警本部の監察官・矢崎で、工藤は矢崎から追われる身になってしまう。
96時間の逃走劇の結末……そして、男の遺体に秘められた衝撃の事実とは?

© 2023映画「最後まで行く」製作委員会

【REVIEW】
主人公の工藤刑事を演じるのは岡田准一。現在、NHKの大河ドラマで悪魔のような織田信長を演じている。
過去の主演映画では「永遠のゼロ」の印象が強く、シリアスな役の岡田くんしかイメージできない。
しかし、彼は大阪出身、“ひらパー兄さん”のCMでもお馴染みなので、コメディを演じさせても面白いことは誰もが知るところだろう。
とはいえ、この作品はけっしてコメディではないのだが、工藤が追い詰められて必死になればなるほど可笑しい。

初めて知ったが、藤井道人監督は、登場人物の経歴や性格、好きな食べ物、好きな言葉などを細かく設定した、キャラクタシートを準備するらしい。
工藤は、正義の味方ではないし、組織的な裏金にも関わっているようだし、なんだかんだあって妻と娘とは別居しているし……というマズイ刑事。
藤井監督が作った工藤のキャラクターシートには、「好きな言葉=“明日から頑張る”」と書かれていたとか。
工藤は、頑張っている人ではなく、明日から頑張ろうと思う人なのだが、そのちょっと情けない感じを岡田くんはあのカッコよさでちゃんと表現している。

そして、工藤を追うエリート監察官の矢崎を演じているのが、綾野剛。
藤井監督作品には何度も出演しているが、ここまで「ヤバイ(失礼!)」役の綾野剛を見るのは初めて。
ひょっとしたら人間ではないのでは……と思えるほどヤバイのだが、彼は彼なりに工藤と同じように追い詰められているのが徐々にわかってくる。
果たして、本当のワルは誰なのか!?

何度も言うが、コメディではないのにラストにはつい笑いだしてしまった。
タイトルの「最後まで行く」って、いったいどこが最後なの~?という笑いである。

監督:藤井道人
脚本:平田研也 藤井道人
音楽:大間々昂
出演:岡田准一 綾野剛 広末涼子 磯村勇斗 駿河太郎 山中崇 黒羽麻璃央 駒木根隆介 山田真歩 清水くるみ
杉本哲太/柄本明 
2023年/118分/日本/配給:東宝
https://saigomadeiku-movie.jp/
5月19日(金)~大阪ステーションシティシネマ TOHOシネマズ梅田 TOHOシネマズ西宮OS イオンシネマ三田WTなど

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!