ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】日本映画『ファースト・ラヴ』

毎週金曜日の午後9時からおおくりしている、最新シネマ情報番組「とっておきシネマ」の鳥飼美紀です。
今週ご紹介した作品は、北川景子さん主演の『ファーストラヴ』。

©2021「ファーストラヴ」製作委員会

そのタイトルからラブストーリーをイメージするかもしれませんが、実はあなたの<愛された記憶>を刺激する禁断のサスペンス・ミステリーです。
さて、〈ファーストラヴ〉というタイトルに隠された事件の真相を、あなたは見極めることができるでしょうか。

©2021「ファーストラヴ」製作委員会

【STORY】
就職活動中の女子大生が父親を包丁で殺害するという衝撃の事件が起きる。
動機はそちらで見つけてください……警察の取り調べに彼女はこう言い放ち、世間を騒がせていた。
公認心理師・真壁由紀は、夫の弟で弁護士の庵野迦葉とともに、容疑者・聖山環菜の本当の動機を探るために面会を重ねる。
二人は情緒不安定な環菜の二転三転する供述に翻弄され、事件に隠されているはずの真実が歪められていく。
そんな中、由紀は環菜に過去の自分と似た「何か」を感じ始め、心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになる。

©2021「ファーストラヴ」製作委員会

【REVIEW】
なぜ、彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
公認心理師である由紀が、カンナの動機を探るため周辺人物への聞き取りをしていく中で色々なことが明らかになる。
〈ファーストラヴ〉というタイトは、〈初恋〉という意味だけではなく、〈人が最初に受けるべき愛〉を象徴しているという。
環菜がどんな家族や環境の中で、どんな愛情を受けて育ってきたのか……環菜と真剣に向き合うことで、由紀の心に今まで蓋をしていた過去の記憶が甦る。
そして、由紀と同じく迦葉にも過去のトラウマとなっている心の傷があるのだった。
過去に傷を負った人間が、その傷を乗り越えられる日は来るのか? 来ないのか?
サスペンス・ミステリーなので多くは説明できないが、見どころは由紀と環菜の心がぶつかり合うシーンだろう。
由紀役の北川景子さんの感情がほとばしる演技には圧倒され、環菜役の芳根京子さんは憑依型女優と評されるだけあって、その迫真の演技に胸が痛くなる。
事件の一部始終を見届けると、やはり人間には「愛」が必要なのだと思い知らされ、胸がヒリヒリする作品である。

©2021「ファーストラヴ」製作委員会

監督:堤幸彦
出演:北川景子 中村倫也 芳根京子 窪塚洋介 木村佳乃 板尾創路
2021年 日本 119分 配給:KADOKAWA
2月11日から TOHOシネマズ梅田、イオンシネマ三田WTなどで公開中。

緊急事態宣言が延長されました。各映画館では営業時間やチケット販売を変更しているところもあります。
ホームページなどで確認の上、どうぞ無理のない範囲でご観賞ください。

番組では、メッセージをお待ちしています。
メール:honey@fm822.com 「とっておきシネマ」係とお書きください。
番組の感想や、あなたの好きな映画について、好きな映画主題歌のリクエストなど、映画に関することなら何でもOKです!

~映画は色々なことを私たちに教えてくれます。映画が、あなたの人生の良きスパイスになるといいですね~。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!