ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

HONEY SOUND MARCHÈ

【おいしい絵本】「おつきみ うさぎ」「おだんご たべたい おつきさま」

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ水曜日担当 ふじたのぞみ です。
雨が降ったりやんだりの水曜日、少し気温も落ち着いていましたが いかがお過ごしでしたか?
寒暖差などにお気を付けてお過ごしくださいね。

さて、今回はおすすめの絵本を2冊ご紹介しました。
どちらもお月見をテーマにしたもので、9月にぴったりの絵本です。

「おつきみ うさぎ」(文/中川ひろたか、絵/村上康成、童心社)

お月見の日にすすき取りに出掛けた園児のみんなが、光るうさぎを見つけます。
園に連れて帰るものの元気のないうさぎさん。
実は、半月の日に足を踏み外して落っこちてしまった月のうさぎだったのです。
のっぺりとしたお月さまが出てきたのを見て、水面に映ったお月さま目がけてザブーン!
すると、お月さまにうさぎ模様が浮かび上がるのでした。
特にうさぎと交流するでもありませんが、お子さんにとって身近な園を舞台にしながらスケールの大きな不思議なストーリーで、つい引き込まれてしまいます。
素朴であたたかい絵で描かれ、やさしそうな園長先生がお月見団子の作り方を教えてくれたり、とても親しみやすい絵本です。
お月様の満ち欠けや満月の様子、お月見の仕方などを知るきっかけにもなりますよ♪

「だんご たべたい おつきさま」(文/すとうあさえ、絵/中谷靖彦、ほるぷ出版)

こちらもお月見の夜を描いた絵本。
まんまるのお月さまが、縁側に供えられたまんまるのおだんごやおいも、すすきを見て「あの おだんご おいしそう。たべたいな」と呟いたことから騒動が起こります。
聴いていた雲がくもくもにんげんに変身しておだんごを持って行こうとしていると、子どもたちに見つかってしまいます。
おだんごを取り返そうと追いかける子どもたちとお月さまに届けたい雲の攻防にハラハラドキドキ。
おだんごを食べることが出来たお月さまは一層ぴかぴかと輝き、子どもたちもおばあちゃんが準備してくれていたおだんごを食べて、お月さまを眺めることが出来るのでした。
地方によっては、お月見の夜 子どもたちはよその家のお月見だんごを盗んで食べてよいとされていたそうで、その言い伝えを下敷きにしているようです。
読み進めながら、伝統行事のいわれなどを知ることができる絵本シリーズの一冊です。

☆ごはんで作る お月見だんご
(材 料)ごはん お茶碗1杯、砂糖 大さじ1、片栗粉または小麦粉 大さじ2、こしあん 100g
(作り方)
➀あたたかいごはんにお砂糖・片栗粉を加え、すりこぎでついてすりつぶす
➁よくつぶれて粘り気が出たら、手の平に水をつけて8個に分けて細長い形にする
➂お鍋で沸騰させたお湯で5分ほど茹で、ざるに上げ、粗熱を取る
➃冷蔵庫であんことおだんごを良く冷やす
➄水をつけた手のひら、またはクッキングシートの上であんこを平たくし、おだんごを巻いて出来上がり
身近なもので作れるお月見だんごです。お子さんと一緒にごはんをついたり、楽しく作ってみてくださいね♪

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!