ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

リスナープレゼント

【プレゼント】神戸市立博物館 特別展「ジブリパークとジブリ展」2組4名様ご招待‼

神戸市立博物館では、4月15日(土)~特別展「ジブリパークとジブリ展」が開催されます。

© Studio Ghibli © Kanyada

2022年11月1日、愛知県の「愛・地球博記念公園」内に、スタジオジブリ作品の世界を表現した公園施設「ジブリパーク」が第1期開園しました。
ジブリパークは本物のアニメーションの世界を自分の足で歩きながら、秘密を発見できる場所となっています。

その制作現場を指揮するのは、映画『 ゲド戦記 』『 コクリコ坂から 』『 アーヤと魔女 』 などのアニメーション作品を生み出してきた宮崎吾朗監督。
「三鷹の森ジブリ美術館」や「サツキとメイの家」といった建築物も手掛けてきました。
本展覧会では、宮崎吾朗監督のこれまでの仕事と作品を振り返り、現在も制作が進行しているジブリパークをどのように考え、描き、作っているのかを貴重な資料や試作品とともに紹介します。

「三鷹の森ジブリ美術館」や「サツキとメイの家」といった、これまでてがけた建築物が完成するまでの裏側も見ることができます。

ジブリのなりきり名場面展の再現展示

また、ジブリパークの「ジブリの大倉庫」で開催中の企画展示「ジブリのなりきり名場面展」から、映画『千と千尋の神隠し』の名シーンに入り込める展示が再現されます。ジブリの大倉庫の「にせの館長室」を再現する展示では、仕事に没頭する湯婆婆の様子も見ることができます。
この他、映画『となりのトトロ』でおなじみのネコバスも登場します!

ネコバス

そして、映画『ゲド戦記』『コクリコ坂から』『アーヤと魔女』を、多くのイメージボードや背景美術等でご紹介。
細部に至るまで丁寧に描かれた1枚1枚から、アニメーション映画作品ができるまでを楽しみながら知ることができます。

建築物もアニメーション作品もつくってきた宮崎吾朗監督によるジブリパーク誕生の舞台裏を、ぜひこの機会にご覧ください。

特別展「ジブリパークとジブリ展」

開催期間:2023年4月15日(土)~6月25日(日)
開館時間:9時30分~17時30分(金曜、土曜は19時30分)※入場は閉館の45分前まで
※GW期間の開館時間は月曜~木曜、日曜:9時~18時 金曜、土曜:9時~19時30分
休館日:月曜日 ※ただし、5月1日(月)は開館
会場:神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24番地
観覧料:一般 1,800円/大学生 900円/高校生以下 無料(要証明)(税込)
チケットお問合せ窓口:0570-00-0995(10時~18時)
※こちらの展覧会は「入場日時予約制」です。
日時指定券を購入するか予め観覧券をご用意の上、希望日時での入場予約をお願いいたします。
※チケット不要の方(高校生以下および障害者手帳、無料鑑賞券、ミュージアムカードをお持ちの方)も入場予約が必要です。
公式サイト:https://ghiblipark-exhibition.jp/
兵庫会場特設サイト:https://www.ytv.co.jp/ghiblipark-exhibition/
神戸市立博物館WEBサイト:https://www.kobecitymuseum.jp/

ご応募は下記からどうぞ。
締切:4月28日(金)12時
当選発表:5月1日(月)9時~ハニー・モーニング・トレインにて

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!