ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

TAG LIST

リスナープレゼント

【プレゼント】大阪南港ATCギャラリー 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」2組4名様ご招待‼

2023年7月15日(土)~大阪南港ATCギャラリーでは、ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」が開催されます!

アメリカ自然史博物館の「化石ハンター」こと、ロイ・チャップマン・アンドリュースが、1922年に大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠へ探検を開始してからちょうど100年。

今回の展覧会ではこれを記念し、彼ら化石ハンターが「中央アジア」で発見した研究成果や、氷河期時代の哺乳類の進化などについて紹介します。

タルボサウルス 全身骨格 国立科学博物館蔵

◎伝説の化石ハンター・アンドリュースが活躍したゴビ砂漠での探検をたどる!

著名な化石ハンター、ロイ・チャップマン・アンドリュースがゴビ砂漠で発見した恐竜や哺乳類の研究成果を標本や映像と共に紹介。
恐竜の卵、「ベロキラプトル」をはじめとする様々な恐竜や史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの貴重な標本が展示されます。

プロトケラトプス 全身骨格 国立科学博物館蔵

◎「アウト・オブ・チベット」説を裏付ける「チベットケサイ」の全身骨格・生体モデルが世界初公開!

世界初公開「チベットケサイ」の全身骨格復元標本や生体復元モデルを展示。
チベットケサイや、チベットユキヒョウ、プロトオービスなどの哺乳類が、北極圏よりも先に寒冷環境となったチベット高原で寒冷気候に適応し、氷河時代に各地に放散したとする「アウト・オブ・チベット」説を紹介します。

チベットケサイ 生体復元モデル 国立科学博物館蔵

★化石ハンターとは
探求心に富み、抜群の行動力で地層の中に眠っている貴重な化石を発掘・研究する挑戦者のことです。

ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」

開催期間:2023年7月15日(土)~9月24日(日)
開館時間:09:30~16:30 (最終入場は16:00)
会場:大阪南港ATCギャラリー https://www.atc-co.com/
料金:一般・大学生 1,800円 中学生・高校生 900円 子ども(3歳以上 小学生まで)600円
※3歳未満の子どもは無料で入場できます。
公式サイト:https://kaseki.exhn.jp/

締切:7月28日(金)12時

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!