ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

TAG LIST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】ウクライナ・ポーランド製作『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』

金曜の夜9時からおおくりしている最新シネマ情報番組「とっておきシネマ」の鳥飼美紀です。

今週のとっておきのシネマは、『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』。
第2次大戦下、領土を奪われ翻弄されるウクライナ・ポーランド・ユダヤの3家族が子どもたちを守り抜こうとする物語です。

©︎MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

【STORY】
1939年1月、ポーランドのスタニスワヴフ(現ウクライナ、イヴァーノ=フランキーウシク)。
ユダヤ人が住む古いアパートに、ウクライナ人とポーランド人の家族が引越ししてくる。
それぞれが両親と娘という家族構成の3家族は、当初はよそよそしい関係だったが徐々に打ち解けていく。
だが、第2次大戦が始まりポーランド人とユダヤ人の両親が迫害によって連行され、娘たちだけが残されてしまう。
ウクライナ人の母ソフィアは、ユダヤ人とポーランド人の残された娘たちを、自分の娘とともに必死に守っていくことになるが……。

©︎MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

【REVIEW】

物語の冒頭、1978年のニューヨーク・カーネギーホールの楽屋で、一人の女性が写真を眺めるシーンから始まる。
その写真には3家族……1939年にポーランドの古いアパートで偶然暮らし始めたユダヤ人、ウクライナ人、ポーランド人の家族が写っている。
当時、ウクライナ人の娘ヤロスラワは音楽家だった両親の影響を受けて歌うことが得意で、皆の前でいつも披露する歌があった。
それはウクライナで古くから歌い継がれる民謡「シェドリック(キャロル・オブ・ザ・ベル)」という曲で、歌うと幸せが訪れると信じられていた。
この歌こそが3つの家族をつなぐ絆となって、戦後となる冒頭の1978年のニューヨークのシーンへと導く。
音楽は、戦争を止めることはできないかもしれないが、人の心を癒し、強くし、人と人の心を繋いでくれる……そんな存在ではないかとあらためて思う。

©︎MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

物語は、脚本を手掛けたクセニア・ザスタフスカの祖母の体験が反映されているという。
いつの時代も、戦争という名のもとに人の運命が大きく変わっていくことを痛感させられる。
この作品は2019 年~2020 年に撮影したというから、2022年 2 月のロシアによるウクライナ侵攻前に撮影は終了している。
第2次大戦という過去の物語を描いてはいるものの、まるで現在の状況を予言しているかのようなタイミングに胸が痛む。
我々日本人にとって「戦争」とは過去の出来事かもしれないが、今もその真っただ中で必死に生きている人たちがいるということを忘れずに観ておきたい作品。

©︎MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020

監督:オレシア・モルグレッツ=イサイェンコ
脚本:クセニア・ザスタフスカ
出演:ヤナ・コロリョーヴァ、アンドリー・モストレーンコ、ヨアンナ・オポズダ、ポリナ・グロモヴァ、フルィスティーナ・オレヒヴナ・ウシーツカ
2021年/ウクライナ・ポーランド/122分/配給:彩プロ 後援:ウクライナ大使館 映倫G
https://carolofthebells.ayapro.ne.jp/

7月7日(金)~全国公開
関西では、アップリンク京都 シネ・リーブル梅田 シネマート心斎橋
シネ・リーブル神戸は7月14日(金)~

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!