【やまよもやまばなし】相野駅山の会 佐藤さん「高平ナナマツの森から烏ヶ岳」登山

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当 藤元愛です。
三田の桜も咲き始めましたね!
山にはタムシバの花が咲き、冬に寂しくなった山に彩りを添えています。
本格的な春はすぐそこまで来ていますね!

さて、今日の「やまよもやまばなし」は相野駅山の会の佐藤さんにお越しいただき、「高平ナナマツの森から烏ヶ岳」登山をご紹介いただきました。

三田には魅力的な山や里山がたくさんあります。
その中のひとつが今日ご紹介いただいた「高平ナナマツの森」
三田里山どんぐりくらぶの皆さんが標識や階段などを整備され、とても歩きやすくなっています。
またササユリの保護活動も行っているそうですよ。

その高平ナナマツの森から登れるのが烏ヶ岳。
烏のくちばしに似ているから名付けられたとか。
今回、佐藤さんが歩いたのは「健脚コース」ですが、山に登らず森を散策できる「ファミリーコース」もありますよ。

まずは「つくしの里」からスタート!
標識もあるので迷いません。

10分ほどで広場に到着。
珍しいバイオトイレが!

獣除けネットを開けて入り、橋を渡ると「見晴らしの道」に出ます。

よく整備された丸太階段を上っていきます。

20分ほどで快適な尾根道に出ます。
木々の間からは大船山や羽束山などが見えます。

小さなピーク「行者山」を過ぎると帰りにも通る予定の金毘羅道に合流します。

最後は急登を5分ほど登って烏ヶ岳山頂に到着!

標高528m、あまり眺望はよくないそうですが、ここはモチツツジがたくさん!
ちょうど今頃はシーズンなのではないでしょうか?!

山頂から金毘羅道を通って下山。
今度は「水辺の広場」に向かって急な階段を下っていきます。

谷筋には炭焼き窯の跡が。

水辺の広場には湖畔を眺められるベンチが置かれ憩いの広場の雰囲気です。

ここから「つくしの里」へ行くこともできますが、今回は「上槻瀬砦跡」へ!
室町時代から戦国時代にかけて作られたそうですが、今はその跡ははっきりとはわからないそう。

最後は妙見山に立ち寄り、「つくしの里」へ。
名物「つくしうどん」美味しかったそうですよ!

新型コロナウィルスの影響で外出を控えている方も多いと思いますが、お散歩はOKとのことですので、人との距離を保ちつつ、自然の空気を吸いに出かけてみてはいかがでしょうか?

【アクセス】
・神姫バス 高平方面行 上槻瀬公民館前下車(三田駅から約25分)
・マイカー 「つくしの里」(駐車場有)から5分

【今回のコース】
健脚コース+上槻瀬砦・妙見山
つくしの里~ナナマツの森入口(炭焼き窯)~見晴らしの道~烏ヶ岳~金比羅道~水辺の広場~砦跡~妙見山~つくしの里
活動距離 4.3km、累計標高差 約440m、コースタイム 約3時間

佐藤さんのブログはこちらから↓
http://dota3eien.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-ccab40.html

今日の放送を下記から聞くことができます。
前半

後半

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.