【やまよもやまばなし】「麒麟がくる」明智光秀ゆかりの地「八上城跡 高城山」相野駅山の会 会長 佐藤さん

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当の藤元愛です。
今日の「やまよもやまばなし」は相野駅山の会 会長の佐藤さんにNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀ゆかりの地となる「八上城跡 高城山」をご紹介いただきました。

現在、新型コロナウィルスの影響で放送が中断していますが、明智光秀が行った丹波攻めのシーンが撮影されることもあるかも?!ないかも?!
いずれにしても歴史好きにとってはたまらない場所です。

佐藤さんは5年前にも登っているそうですが、このドラマの影響でかなり整備が進み、見晴らしもよくなっているのだそう!
気軽に登れる山なのでぜひおでかけくださいね!

春日神社前に立派な駐車場ができています。
20~30台は停められそうですよ。しかもトイレもあります!

標識も整備され、道も歴史もわかりやすくなっています。

春日神社の横が登山口です。
丸太の階段が続きます。

20分ほどで「下の茶屋丸跡」に到着。
西からの敵に備えた陣地で、篠山の町が良く見える眺望の良いスポットです。

三の丸跡、二の丸跡、本丸跡と進んでいきます。

本丸跡が高城山の山頂です。標高は462m。

木々が伐採され、山頂からは多紀連山や篠山の市街地が見渡せます。

八上城は波多野秀治の本拠地で、最初織田方だったのが裏切り、光秀を攻めるようになります。
歴史上はあまり知られていない武将かもしれませんが、地元の方にとっては馴染み深い戦国武将の一人。
山頂には波多野秀治の顕彰碑もあります。

下山は藤ノ木坂コースを下ります。
10分ほどで「はりつけの松跡」に到着。
現在、松はありませんが、ここで光秀の母・お牧、付き人、腰元等がはりつけにあったと伝わっています。

芥丸跡。
東側の監視場で、篠山の地は山陰や播磨に通じる交通の要所ということもあり、やはりここも見晴らし良しです。

沢沿いにコース進みますが、一部崩落個所あり。
迂回路もあるのでご心配なく!

30分ほどで下山!
旧街道を10分足らず歩いてゴールです!

【今回のコース】
春日神社前駐車場→春日神社→春日神社コース→高城山(八上城址)→藤ノ木坂コース→旧街道→春日神社前駐車場
距離 約3㎞、累計高低差 323m、コースタイム 1時間半~2時間

【三田市からのアクセス】
国道176号線→国道372号線(デカンショ街道)を直進→県道と合流してすぐ右
約30㎞ 約40分

佐藤さんのブログはこちらから↓
http://dota3eien.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-2edf1c.html

今日の放送を下記から聞くことができます。
前半

後半

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.