【おしえて絵本】「くつくつあるけ」

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ水曜日担当 ふじたのぞみ です。

梅雨の中休み、青空が広がり気持ちがよいですね。その分 気温が高くなりますので、暑さ対策をしっかりなさってくださいね。

さて、第4水曜日【おしえて絵本】では、保育ネットワーク・ミルクから保育士さんをお迎えして、<みるくっ子通信>に掲載されている おすすめの絵本をご紹介いただいています。
今回の一冊は「くつくつあるけ」。

登場するのは、主人公の「くつ」が一足だけ。青いバックに白地に黄色い紐のくつがあり、「くつくつあるいた ぱたぱたぱた さんぽにおでかけ」とお散歩に出かける様子が描かれています。
「とんとんとん」「ぴょんぴょん」といった擬音語が楽しく、小さいお子さんは まるで自分がお散歩しているような感覚になりながら、時に大笑いしながら喜んで聴いているそうですよ。
また、「くつ」への愛着が深くなって、絵本の最後に「くつ」が「ぐーぐー」休むように、お散歩から帰って来るとちゃんと「くつ」をお片付けするようにもなるということでした。
ファーストシューズを履き始める頃のお子さんに読み聞かせてあげると、歩くことへの興味が一層わくかもしれませんね♪

☆「くつくつあるけ」(作・絵 林 明子/福音館書店)

☆「親子ひろば withミルク」月・火・木 10時~15時、子育て支援スペースみるく(サンフラワービル4階)、概ね0歳~3歳のお子さんと保護者の方、利用料:1家族 200円/回

※そのほか、一時預かり(0歳児~)、定期預かり保育(月3回/火曜日9時30分~13時、1歳・2歳)有

※詳しくは<保育ネットワーク・ミルク事務局までお問合せください(079-565-4313)

下記から今日の放送を聞くことができます。

前半

後半

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.