【やまよもやまばなし】Withコロナでの山登りの注意点

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当の藤元愛です。
今日の「やまよもやまばなし」は『Withコロナ時代の山登りの注意点』についてお話しました。

緊急事態宣言が解除されて約2か月、また感染者数が増えてきて今後の山登りに対して不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?
検査数が増えているので感染者数が増えている・・・という考えもありますが、まだまだ未知の部分が多い新型コロナウィルス、予防を重ねた上で楽しめたらと思います。

そこで、今日は日本山岳会やYAMAPなどの山登りアプリなどで発信されている提言から「登山中、登山前から気を付けたいこと」をご紹介しました。

やはり大切なのは「自分だけは大丈夫」と思わないこと。
そうすることで、周りへの配慮も生まれてきます。

マスクに関しては登山中は熱中症予防の観点から外してもOKとありましたが、ソーシャルディスタンスを保つようにします。
(歩いている時は5m以上、休憩中は2m以上が目安だそうです)

今年は山小屋の中には完全予約制をとっているところや人数制限を行っているところもあります。
また山岳診療所や救護所も開設できない地域もあることを念頭に、ここでも「自分は経験豊かだから大丈夫!」と高を括らないことも必要かもしれません。

そういったことを考えると「近場」で「車」で行けること、家族など「少人数での行動」がベストかもしれませんね。

日本山岳会のWEBサイトに
「今、どうしてもその山への登山が必要か」を考えて・・・とありました。
夏山シーズンに入り、私も夏山登山を計画していたので楽しみにしていましたが、今年は断念することにしました。
山は逃げません。
今一度しっかり考えた上で、感染対策と健康維持の両立が図れるように山登りが楽しめたらいいですね!

【参考】
日本山岳会(医学的見地からの指針) http://www.jsmmed.org/indexSub6.html

YAMAP(2万人の登山者と考えた「Withコロナ時代の登山の在り方」)https://yamap.com/magazine/14940

YAMAKEI on line (登山を再開するために。「登山 withコロナ」のリスクマネジメント) https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=1046

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.