ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】日本映画『朝が来る』

毎週金曜日夜9時からおおくりしている「とっておきシネマ」の鳥飼美紀です。
今週ご紹介したとっておきの映画は、辻村深月原作・河瀨直美監督の『朝が来る』という作品です。

©2020「朝が来る」Film Partners

【STORY】
「子どもを返してほしいんです。」平凡な家族のしあわせを脅かす、謎の女からの1本の電話。
この女はいったい何者なのか―。
一度は子どもを持つことを諦めた栗原清和と佐都子の夫婦は「特別養子縁組」というシステムを知り、男の子を迎え入れる。
それから6年、夫婦は朝斗と名付けた息子の成長を見守る幸せな日々を送っていた。
ところが突然、朝斗の産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性から、「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってくる。
当時14歳だったひかりとは一度だけ会ったが、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心優しい少女だった。
渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い女には、あの日のひかりの面影は微塵もなかった。
いったい、彼女は何者なのか、何が目的なのか──?

©2020「朝が来る」Film Partners

【REVIEW】
「赤ちゃんは、自分で親を選んで生まれてくる」とよく言われる。
この物語の赤ちゃんは、ひかりという女子中学生を母に選んで生まれてきた。
それなのに、周囲の大人たちの思惑で危うく彼の命は“なかったこと”にされかかる。
しかし、ひかりはこの赤ちゃんを“なかったこと”にはしなかった……。
とはいえ、中学生のひかりにそれほど強い意志や将来への覚悟があったわけではない。
本気で恋をした結果を、“なかったこと”にだけはしたくなかった、ただそれだけである。
その結果、自分の人生が大きく変わっていくということさえ想像できないほど、幼い母だった。
そんな母親ひかりとは反対に、ひかりを選んで生まれてきたはずの朝斗は、ひかりと別れて養父母と幸せに暮らし始める。
この親子がそれぞれ歩む人生の、光と影がなんともせつない。

©2020「朝が来る」Film Partners

河瀨直美監督の演出でよく言われるのが、「役を積む」という手法。
タワーマンションの一室で、夫役の井浦新さんと妻役の永作博美さん、朝斗役の佐藤令旺くんで家族のように過ごしたそうだ。
一方、ひかりの家族を演じる俳優たちも、同じように一つ屋根の下で暮らす。
それを河瀨監督は「役を積む」というらしい。
頭で考えるだけの単なる「役づくり」ではなく、リアルに俳優が「その人物になる」ための過程である。
映像にはないシーンも、俳優たちによってどんどん展開されていくこともあるとか。
そんなドキュメンタリー的な撮影方法は河瀨監督の得意技で、カメラが回っていない時の俳優のつぶやきなども見逃さない。
とはいえ本当のドキュメンタリーではないので、客観的な視線ではなく観客が個人的な思いを登場人物に重ねてしまう。
たとえば、夫婦が医師から不妊を告げられた後、ふたりでおにぎりを食べながらため息をつくシーンは、あまりのリアルさに唸ってしまった。
人は現実を突きつけられると、泣くより先にため息をつく生き物であるような気がする。
さらに、ひかり役の蒔田彩珠さんの佇まいには、普通すぎるほど普通の女子中学生の匂いがあった。
私は自分自身の少女時代を彼女の中に見つけたようで、何か懐かしい気持ちになっていた。

©2020「朝が来る」Film Partners

さて、この作品での大きな柱となる「特別養子縁組」とは、どういう制度のことだろう?
それは、実の親が子供を育てることが非常に難しい場合、法的な親子関係を解消し、養親と養子に実の親子のような関係を結ぶ制度のこと。
1988年に施行され、ここ数年はおおむね年間500~600件前後の特別養子縁組の親子が生まれているそうだ。
子どもの福祉を目的に作られた制度で、劇中には「親が子供を見つけるのではなく、子どもが親を見つけるための制度です」という台詞もある。
また、たとえ自分たちに子どもが授からなくても命を繋ぐことができる…そんな風にもとらえられる制度ではないかとも思う。
この『朝が来る』は、「“命を繋ぐバトン”はひとつ(血縁)だけではない」ということを私たちに教えてくれる映画でもあるようだ。

監督・脚本・撮影:河瀨直美
出演:永作博美 井浦新 蒔田彩珠 浅田美代子
原作:辻村深月『朝が来る』(文春文庫)
共同脚本:髙橋泉 音楽:小瀬村晶 An Ton That 主題歌:C&K「アサトヒカリ」(EMI Records)
制作プロダクション:キノフィルムズ 組画 共同制作プロダクション:KAZUMO
配給:キノフィルムズ/木下グループ
http://asagakuru-movie.jp/
10月23日(金)からTOHOシネマズ梅田 TOHOシネマズ西宮OS OSシネマズミント神戸 などで公開中です。

【とっておきシネマ】ではメッセージをお待ちしています。
メッセージはファクス・メールでお寄せください。
ファクス:079-553-8180
メール:honey@fm822.com
いずれも「とっておきシネマ」係とお書きください。
番組の感想や、あなたの好きな映画について、好きな映画主題歌のリクエストなど、映画に関することなら何でもOKです。
映画は色々なことを私たちに教えてくれます。
1本の映画との出会いで、人生が変わることだってあるかもしれません。
映画が、あなたの人生の良きスパイスになるといいですね~。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!