ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】アメリカ映画『リスペクト』

毎週金曜日、夜9時からおおくりしている最新映画情報番組「とっておきシネマ」の鳥飼美紀です。
今週ご紹介したとっておきの作品は「音楽エンターテインメントの新たな傑作」との呼び声も高い『リスペクト』です。
ローリング・ストーン誌が選ぶ「史上最も偉大な100人のシンガー」の第1位に選ばれた伝説的歌姫アレサ・フランクリンを描いた作品。
アレサを演じるのは、『ドリームガールズ』でアカデミー賞®助演女優賞を受賞、歌手としてもグラミー賞を制したジェニファー・ハドソン。
本編を彩るアレサの名曲の数々、アレサを演じるジェニファーの圧巻の歌唱力……音楽ファンにとっては見逃せない作品です!

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

【STORY】
1952年のデトロイト。
10歳のアレサ・フランクリンは、説教師の父親に言われるままパーティや教会の礼拝で歌声を披露していた。
彼女の歌うゴスペルは聞く者すべての心を虜にし、まわりからは天才少女と称えられていたのだ。
だが、父親と別居中だった母親が突然急死してしまい、アレサは歌うことで悲劇を乗り越えることを初めて経験する。
生前、母親は「無理に歌わなくていい」と言ってくれていたが、父親の命令は絶対だった。
アレサはその束縛から逃げ出したいとは思っていたが、父親のペースで歌手デビューが決まる。
しかし、アレサのレコードはなかなかヒットに恵まれない。
そんな時、彼女は幼馴染のテッドと恋に落ち、激怒した父親から縁を切られてしまう。
父との決別後、テッドをマネージャーにしてレコード会社を移籍したアレサは、大ヒットを飛ばす。
一躍スターの座を手に入れ、「ソウルの女王」という称号を手にしたアレサだったが……。

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

【REVIEW】
《アレサ・フランクリン》
1942年生まれ。高名な説教師の父が牧師を務める教会でゴスペルを歌い始める。
60年代に入りコロンビアと契約、ジャズやスタンダード曲を中心に歌うポピュラー歌手として曲を出すが、ヒットには恵まれず。
レコード会社をアトランティックに変え、R&Bサウンドを取り入れた曲を立て続けにヒットさせ「ソウルの女王」の称号を得る。
父親が、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動したキング牧師と親しかったことから、公民権運動にも関わる。
グラミー賞18回受賞。87年には女性アーティストとして初めて「ロックンロールの殿堂」入り、その他、大統領自由勲章など輝かしい受賞歴がたくさん!
また、2009年のバラク・オバマ大統領の就任式でアメリカ愛国歌を披露したことも。
2018年、すい臓がんのため76歳で死去。

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

今年7月2日の「とっておきシネマ」で、『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』というドキュメンタリー映画を紹介した。
1972年、ロサンゼルスのバプティスト教会でのライブ映像だが、この『リスペクト』にもその感動的なシーンが描かれている。
予告編では、アレサの歌声に身震いしている人や号泣している人がいて、彼女の歌にこもった魂の力の凄さがヒシヒシと伝わってくる~と紹介した。
今回、そのアレサをジェニファー・ハドソンが演じたが、それは生前のアレサ本人からジェニファーにオファーされたという。
ジェニファーも幼少期から教会でゴスペルを歌っていたという共通点があり、その素晴らしい歌唱力をアレサも評価していたということだ。

この物語はアレサ・フランクリンの76年の生涯の中で、「天才少女」と呼ばれた幼少期と、60~70年代にフォーカスされている。
60~70年代のアレサの年齢は20~30代だが、彼女の人生の中で最もドラマティックで重要な時期という。
幼い頃別れてしまった母が「無理に歌わなくていい」と語るシーンで、母は「男の人を恐れるな」ともアレサに語っている。
その意味は、その後に彼女が男性からどう扱われるか……時が過ぎていく中でわかってくる。
天才と呼ばれるほどの歌唱力を与えた代わりに、神様は波乱万丈という人生をアレサに背負わせたのかと思ってしまう。

監督:リーズル・トミー
出演:ジェニファー・ハドソン フォレスト・ウィテカー マーロン・ウェイアンズ メアリー・J.ブライジ
2021年 アメリカ 146分 配給:ギャガ
https://gaga.ne.jp/respect/
11月5日(金)~TOHOシネマズ梅田、西宮OS、OSシネマズミント神戸、そして、イオンシネマ三田WTなどで公開!

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!