ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

エンターテインメント

【とっておきシネマ】日本映画『せかいのおきく』

本日2本目に紹介したのは、4月28日公開の日本映画『せかいのおきく』。

モノクロ時代劇ですが、もしカラー映画だったら私はちょっと見る勇気がなかったかもしれません。
なぜなら……排せつ物が何度も出てくるから~でも、それだけに愛おしい映画だな~とも思いましたよ。
時代劇ですが、チャンバラは無し。社会の底辺で暮らす庶民が主人公の物語です。

(c)2023 FANTASIA

【STORY】
22歳のおきくは、武家育ちでありながら今は貧乏長屋で父と二人暮らし。
寺子屋で子供たちに読み書きを教えて生活している彼女は、ある雨の日、寺の厠のひさしの下で雨宿りをしている紙屑拾いの中次と下肥買いの矢亮と出くわす。
つらい人生を懸命に生きる若者3人は次第に心を通わせていくが、おきくはある悲惨な事件に巻き込まれ、喉を切られて声を失ってしまう。
心を閉ざしたおきく、彼女に淡い思いを寄せる中次、過酷な世の中を糞くらえと笑い飛ばす矢亮……。
3人はともに青春を駆け抜け、果てしなく広がる“せかい”の輝きに触れる。

(c)2023 FANTASIA

【REVIEW】

日本が世界の大きな渦に飲み込まれていった江戸末期。
当時は糞尿を畑にまき、野菜を作り、その野菜を人が口にして、また糞尿になるという循環型社会だった。
監督は、低い視点から、しかも汚いところから社会を眺める映画としてこの作品を手掛けたと語っている。
その糞尿を扱う仕事に従事する矢亮と中次が、なぜか爽やかな余韻を残している。
それは、プライドとまでは言わないが自分の立場をわきまえた上で、自虐と自尊のバランスが絶妙だからか?

(c)2023 FANTASIA

汚い場面や痛々しい場面も描かれるが、逞しく生きる庶民のパワーというものが観る者に伝わってくる。
なかでも、矢亮役の池松壮亮~いつも気怠い寡黙な役が多いような気がするが、この作品ではとても元気で、めげない、パワフルな若者を演じているのが新鮮だ。
また、佐藤浩市と寛一郎親子が共演し、長屋の厠の前で会話するシーンはファンとしては嬉しいひとときでもある。
観終わった後、清々しい気持ちになる青春時代劇、面白い映画だ。

監督・脚本:阪本順治
出演:黒木華 寛一郎 池松壮亮 真木蔵人 佐藤浩市 石橋蓮司 他
2023年製作/89分/日本/配給:東京テアトル、U-NEXT、リトルモア
http://sekainookiku.jp/
公開日:4月28日(金)~シネ・リーブル梅田 シネ・リーブル神戸 TOHOシネマズ西宮OS

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RECOMMEND

PAGE TOP
error: Content is protected !!