ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

メッセージテーマ

【1月プレゼント】中之島香雪美術館「館蔵 刀剣コレクション 刀と拵の美」2組4名ご招待!

2024年1月6日(土)~3月17日(日)の期間、中之島香雪美術館にて「企画展 館蔵 刀剣コレクション 刀と拵の美が開催されます。

香雪美術館には、現在約50振の刀剣が所蔵されています。
コレクションの礎を築いた朝日新聞社創業者・村山龍平(1850~1933)は、伊勢国紀州藩田丸領(現三重県度会郡玉城町)の武士の家に生まれます。
刀剣の鑑定に長じていた父の影響もあり、刀剣に強い関心を持ちました。
青年時代には、伊勢の刀匠を訪ね歩いたと伝わります。
若くして収集を始めた刀剣の数は、多い時には800振にものぼったといいます。
本展では、村山が愛蔵した刀剣と、刀剣の外装である拵、拵を飾る刀装具も併せて展示します。
変化に富む刀剣の鉄のきらめき、個性的で鮮やかな拵の装飾、緻密で多彩な刀装具のデザイン、それぞれの「美」を感じてください。
Ⅰ.刀剣の美 -曲線と鉄のかがやき
香雪美術館の刀剣コレクションは、鎌倉時代から室町時代までの古刀を中心に、全国津々浦々の産地を網羅しています。
それぞれの地域、刀工によって生み出された鉄の美をご堪能ください。

重要文化財 太刀 銘 吉家作 平安~鎌倉時代(11世紀~13世紀)

Ⅱ.拵の美 -工芸技術の粋を集めて
拵とは、刀身を傷つけずに持ち運ぶための外装で、工芸技術の集積ともいえる様相を呈しています。
本章では、色とりどりの拵に加え、拵に付属する鐔などの刀装具も、併せて紹介します。
Ⅲ.刀と拵の美 -時代を超えた競演
本章では、刀剣の名品と、近代に入り特別に仕立てられた豪華な拵を二件展示します。
時代を超えて響きあう、古代の刀工と近代の工人による美の競演をお楽しみください。

黒漆牡丹文蒔絵短刀拵 江戸時代(18世紀)

会 期 :2024年1月6日(土)~3月17日(日)
休 館 日 :月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
夜間特別開館:2024年1月25日(木)、2月22日(木)、3月14日(木)、19時30分まで開館(入館は19時まで)
料 金 :一般 1,200円、高大生 700円、小中生、400円
会 場 :中之島香雪美術館(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階)
お問合せ:TEL 06-6210-3766
公式サイト:https://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/

締切:2024年1月26日(金) 12時

ご応募は下記フォームからどうぞ。

    必須 お名前

    任意ハニーネーム

    必須 メールアドレス

    必須郵便番号

    必須都道府県

    必須ご住所

    必須ご住所2(番地以下・建物名・号室)

    必須お電話番号

    任意年齢

    任意ご職業

    必須メッセージ

    2024年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829 

    RANKING

    DAILY
    WEEKLY
    MONTHLY
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5

    RECOMMEND

    PAGE TOP
    error: Content is protected !!