【やまよもやまばなし】異業種交流会アウトドア部 窪田さん「最勝ヶ峰」

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当 藤元愛です。
今日の「やまよもやまばなし」は異業種交流会アウトドア部 三田市にお住いの窪田さんに箕面市の山「最勝ヶ峰」をご紹介いただきました。

あまり耳なじみのない山ですが、箕面のお寺「勝尾寺」の裏山と言えばご存じの方も多いのではないでしょうか。
紅葉の季節はもちろんですが、勝尾寺は“人生に勝つ”ダルマが有名ですので、受験やスポーツなどあなたが「勝ちたい!」といった勝負所でお参りがてらハイキングに行くのもいいですね!

今回のコースは・・・
外院バス停~勝尾寺~最勝ケ峰~政の茶屋跡~箕面大滝~箕面駅
11.5㎞ 累計登り762m 下り787m
コースタイムは4時間ですが、勝尾寺などを散策するなら6時間は見ておいたほうがいいかもしれません。
また、外院よりも南の新家が参道の起点になりますので、新家からスタートでもいいですね!

今回は外院からスタート!
高野山のように町石道になっていて新家からだと36丁、外院からだと26丁からのスタートになります。

市街地からほど近いとは思えないほど静かな参道。夏でも涼しそうですね!

このコースはあまり展望がないのですが、この参道の途中で箕面市街が見下ろせるポイントがあります。

町石は飛び飛び。こちらは2丁石。

勝尾寺には立派な山門があります。

山門をくぐって勝尾寺の境内へ。奉納されたダルマがたくさん!
みなさん、勝ったのですね(^^)

こちらの小さなダルマはおみくじ。おみくじの中は持って帰って、ダルマさんを置いているのだそう。
どこで手に入るのかな?と思っていました。私なら持って帰ってるかな?!

勝尾寺を後にして最勝ヶ峰へ。
勝尾寺は西暦775年、光仁天皇の息子・開成(かいじょう)皇子が開山しました。
山頂には開成皇子のお墓が。

最勝ヶ峰山頂は展望が開けていません。

ここから東海自然歩道を経由して箕面大滝へ向かいます。

ただし、自然研究路は通行止めの個所あり。おととしの台風の影響で倒木がまだまだたくさんあります。
舗装路を歩いて滝へ向かう方が安全です。
通行止めに関する参考URL http://www.pref.osaka.lg.jp/hokubunm/sizenkoen/minoh-higai.html

箕面の滝には1月でもたくさんのハイカーや観光客が!
まだまだ通行止め個所もありますが、早く復興して今年の紅葉シーズンには歩けるようになってほしいですね。

アクセス
外院(千里中央駅から阪急バス15分または箕面から阪急バスで15分)
新家(千里中央から阪急バスで15分)

今日の放送を下記から聞くことができます。
前半

後半

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.