【やまよもやまばなし】那岐山 相野駅山の会 会長 佐藤さん

こんにちは。ハニー・サウンド・マルシェ火曜日担当の藤元愛です。
雨が続き、なかなか山に行けない日々が続きますね。
コロナで自粛していた時と同じように今は“行きたい山”リストを作成して思いを馳せる時期かもしれませんね~。
今日はぜひその山のひとつに入れていただきたい「那岐山」を相野駅山の会 会長の佐藤さんにご紹介いただきました。

那岐山は岡山県と鳥取県の境にある日本三百名山、中国百名山の山です。
伊邪那岐命、伊邪那美命の国造りの神がこの峰に降臨したことから「那岐山」と名付けられたのだとか。
花あり、滝あり、温泉あり、更に整備も行き届いた眺望のよい、佐藤さんおすすめの山です。

那岐山は岡山県奈義町と鳥取県智頭町に登山口があり、またグレートトラバース3では広戸山・滝山からの縦走路として歩かれるなど、コースが豊富にあります。
今回は奈義町登山口からスタート!
A・B・Cと3つのコースがありますが、今回はBコース(蛇淵滝コース)から山頂を経てCコースを歩く周回コースをセレクト。
ちなみにこの山域は熊出没注意です!熊除けの鈴を必ずお持ちくださいね!

Bコースは沢に沿って登っていきます。
雨の後だったからか水量がかなり多く注意しながら登ります。

今度は植林帯に出ます。
九十九折りに斜面を登っていきます。

黒滝の分岐から黒滝へピストンします。
大きくはありませんが清涼感たっぷりの美しい滝です。

分岐に戻り支稜線を登っていくと足元にたくさんのサラサドウダンツツジが!
今回の佐藤さんのお目当てだったお花、歩を進めると所々に枝に花を付けたサラサドウダンツツジを見ることができたそう!
ピンクの花が愛らしいですね~!

さあ、主稜線に出ると一気に展望が開けます!思わず走りたくなる?!

スタートから2時間10分ほどで標高1255mの山頂に到着!

山頂からは360度のパノラマ展望が楽しめます。
西に大山、東に氷ノ山、澄んだ日には瀬戸内海や日本海も見えるのだとか!

下山は反時計回りに主稜線を下り、Cコースへ進路を取ります。
滝山、広戸山と続く雄大な光景が広がります。コース上には避難小屋もあり。

那岐山はかつての修験道。
道々に「神仏ポイント」があり、詳しい解説もあります。

山頂から10分程で標高1240mの三角点に到着。
きれいなお手洗いも完備!

Cコースは自然林のコース。ウグイス、カッコー、セミなどの鳴き声に癒されながら歩きます。

Bコースとの分岐に差し掛かり、駐車場へ向かいますが、下山前に「蛇淵の滝」をピストンで見に行きます。
落差はありませんが、名前の通り淵の中で大蛇が暴れているような滝です。

道は整備され、案内板も多数あり迷うことはありません。
眺望もよく、季節ごとに楽しみがある山です。
ぜひお出かけくださいね!

【今回のコース】
奈義町登山口第3駐車場~Bコース~山頂~Cコース~第3駐車場
(途中で黒滝と蛇淵の滝をピストン往復)
距離 約7.4km 累計高低差 810m コースタイム 約4時間半

【三田からのアクセス】
中国道・美作IC~一般道~智頭町登山口第3駐車場(1時間40分)
※電車の場合はJR姫新線 津山駅下車~バス、徒歩ですがかなり時間がかかるので車がおすすめです!

佐藤さんのブログはこちらから↓
http://dota3eien.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-d94606.html

今日の放送を下記から聞くことができます。
前半

後半

こちらの記事もどうぞ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.