ハニーエフエム|地域・人にフォーカスし発信する総合メディア

NEW POST

TAG LIST

リスナープレゼント

【5月プレゼント】大阪南港ATCギャラリー「ブルーピリオド展 in 大阪 ~アートって、才能か?~」ペア券2名様にプレゼント!

大阪南港ATCギャラリーでは、6月30日(日)まで「ブルーピリオド展 in 大阪 ~アートって、才能か?~」が開催されています。(金・土日祝のみ開催)

ビジュアル ©山口つばさ/講談社/ブルーピリオド展製作委員会

絵が上手いことは、才能か。藝大に行くひとは、天才か。
いや、毎日必死で、手と頭を動かし続けた結果だ。評価される絵には、法則がある。
受かる絵にも、基準がある。でも、法則だけが、基準だけが、美術の全てではない。
漫画『ブルーピリオド』は、そんな答えのない美術の世界にのめり込んだ高校生の八虎とその仲間たちの奮闘と成長を描いた物語です。
本展では、漫画の世界を再現した作中絵画や没入型シアター、名画解説などのアートを身近に感じることができる展示や藝大の一次試験会場を再現した展示など、さまざまな企画を通してブルーピリオドの世界に迫っていきます。

映画『ブルーピリオド』ビジュアル ©山口つばさ/講談社 ©2024 映画「ブルーピリオド」制作委員会

また、『ブルーピリオド』が実写映画として8月9日(金)に劇場公開されることが決定しました!キャストは眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひよりなど今最も勢いのある若手実力派俳優が勢ぞろい!大阪会場では、映画のメイキングや出演キャストが描いた、劇中で登場する絵画などを展示した「映画『ブルーピリオド』の作り方」を設置いたします。

◆ブルーピリオドとは◆
累計発行部数700万部突破、美術に全く関心のなかったリア充の主人公が藝大を目指す、アート系スポ根漫画。才能ではなく努力を重ね成長していく青春物語でありながら、絵を描くための技術、絵画の鑑賞の仕方など、美術に関する知識もふんだんに紹介されており、だれもが気軽に美術を楽しむことができるよう工夫されています。
<受賞歴>
2018年 TSUTAYAコミック大賞「ネクストブレイク部門」大賞
この漫画がすごい!「オトコ編」4位
2019年 マンガ大賞       3位
2020年 マンガ大賞       大賞
第44回講談社漫画賞一般部門受賞
<展示構成>
主人公の高校生・矢口八虎が、1枚の絵に心を奪われたことをきっかけに美術の世界にのめり込み、藝術大学を目指す道のりから入学試験、合格発表までを、没入型シアターや物語の随所に登場する、八虎や仲間たちが描いた作品の現物や再現絵画などで紹介し、『ブルーピリオド』の世界観を体感できます。
■作中絵画
作中の随所に登場する、八虎や仲間たちが描いた作品の数々。
八虎が美術にのめり込むきっかけとなった森先輩の絵や初めて100号に挑戦した「縁」の絵、さらには一次試験の「自画像」や二次試験の「ヌード」など、その現物や再現絵画を展示します。
■名画の買い付けごっこ体験
美術館の見方がわからない八虎に対し、橋田が提案した名画を買いつける気持ちで鑑賞する“買い付けごっこ”。八虎と同じように名画の中から買い付ける絵を選ぶ体験コーナー。
絵を買い付けたあとは、橋田が案内しながら、名画の背景や技法などを様々な方向から解説します。
■青の渋谷シアター
早朝の渋谷を「青い」と感じた八虎。八虎と一緒に青い渋谷に没入し、美術の道に進む過程を追体験できる巨大シアターです。

青の渋谷シアター ©山口つばさ/講談社/ブルーピリオド展製作委員会

■キャラ大石膏室
美大入試の定番課題である石膏像。藝大にある大石膏室をイメージし、登場キャラクターをモチーフにした石膏像を複数展示します。

キャラ大石膏室 ©山口つばさ/講談社/ブルーピリオド展製作委員会

■一次試験
藝大の一次試験会場を再現。八虎が描いた自画像だけでなく、その他の受験生の作品も公開します。

■山口つばさの部屋
漫画の作者・山口つばさ先生の過去と現在の作品や特別動画を展示。
山口先生について多方面から深く知ることのできるコーナーです。東京会場では展示されなかったカラー原画が数作品登場します!

山口つばさの部屋 カラー原画 ©山口つばさ/講談社/ブルーピリオド展製作委員会

■映画『ブルーピリオド』の作り方
「マンガ大賞2020」大賞!内外で絶賛される傑作漫画が実写映画化!
キャストは主人公・八虎役に眞栄田郷敦、八虎の友人、鮎川龍二役に高橋文哉、高橋世田介役に板垣李光人、森まる役に桜田ひよりと若手実力派俳優が集結!会場には「映画『ブルーピリオド』の作り方」も設置し、映画のメイキングをはじめ、出演キャストが撮影前に絵画練習を行い、自身で描いた絵画を展示します。
タイトル:『ブルーピリオド』
キャスト:眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより ほか
脚本  :吉田玲子
監督  :萩原健太郎
劇場公開日:2024年8月9日公開

<開催概要>
催事名称:ブルーピリオド展 in 大阪 ~アートって、才能か?~
会期  :2024年4月12日(金)~6月30日(日)の金・土日祝
入場時間:10:00~18:00(17:30最終入場)
会場  :大阪南港ATCギャラリー(大阪市住之江区南港北2-1-10)
入 場 料  :一般 2,000円、大高生 1,400円、中小生 900円(税込)
※小学生未満無料 ※障がい者手帳をお持ちの方はご本人と介助者1名までが当日料金の半額。(要証明)
展覧会公式HP:https://blueperiod-ten.jp/
大阪会場公式HP:https://www.ktv.jp/event/blueperiod/
展覧会公式X:@blueperiod_ten
展覧会公式Instagram:blueperiod_ten
お問合せ:06-4862-5877(平日10:00~17:00 ※開催期間中は開催日時に準ずる)
※本展は他会場と展示内容等が異なる場合があります。
※会期・開館時間・展示内容等は変更の可能性があります。最新情報は大阪会場公式HPにてご確認ください。
※事前予約制ではありません。混雑時は入場制限を行い、お待ちいただく場合があります。
※ご来場の時期によって、会場併設ショップでの取扱い商品が異なる可能性があります。

ペアチケットを2名様にプレゼント!フォームからご応募くださいね♪
応募締切:2024年5月19日(日)12時
当選発表:プレゼントの発送を以て当選発表とさせていただきます
※当選された方にはメールでご連絡させていただく場合がございます

▼▼▼ ご応募は下記フォームからどうぞ ▼▼▼

    (必須) お名前

    (任意) ハニーネーム

    (必須) メールアドレス

    (必須) お住まい

    (必須) お電話番号

    (任意) メッセージ

    2024年5月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031 

    RANKING

    DAILY
    WEEKLY
    MONTHLY
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5
    1. 1
    2. 2
    3. 3
    4. 4
    5. 5

    RECOMMEND

    PAGE TOP
    error: Content is protected !!